« 本当に紅葉狩 | トップページ | 12月突入☆ »

2005.11.29

三味線頑張れよ

はい、わが高校のすんばらしー授業、三味線。

問題がひとつ。

私ぜんぜん弾けないんですけど…?これで来年の七月には発表すんの?やばい、いよいよヤバイヨ!!

ってなもんでお持ち帰りでうちに帰っても三味線の練習をするのですが、ここでまた問題がひとつ。

弦切れちゃったよ★

しかも真ん中からプッツンと。変えの弦が見当たらない…買ってこなきゃ。

ある意味、ギターとかよりもデリケートな楽器なんですね、このこは。動物の皮を張ってるので湿気には弱いし、木製だから環境が変わると調弦がずれやすくなったり。。。

私みたいなズボラ人間には扱い難い楽器です。

それで、私たちの代がやる曲目は『元禄花見踊』。伊●園のお茶CMとか時代劇とか、馬鹿殿なんかのBGMとして使われている「チャ~ンチャチャン、チャチャチャチャチャン」っていうアレです。多分聴いたら知ってる人が多いと思います。

題目のとおり、元禄時代のそれなりに羽振りの利く商人や町人たちが集まって花見をしている曲です。

調子は『二上がり』:にぎやかな調子で聴いてるほうも盛り上がります。(心地よいから眠くもなるかな)

また長唄なので、三味線は細棹と呼ばれる割と高音が出るものを使います。

ちなみに長唄で唄を唄う人は『唄』というだけで特別な言い方は無いそうです。

能では地謡とか謡とか言うのですがね。

|

« 本当に紅葉狩 | トップページ | 12月突入☆ »

古典芸能」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120755/7385119

この記事へのトラックバック一覧です: 三味線頑張れよ:

« 本当に紅葉狩 | トップページ | 12月突入☆ »