« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月

2006.01.31

一月最後の夜

一月最後の朝の続きです。
三年生の先輩を送ろう!

という企画がありまして、
私も微力ながらお手伝いをさせて頂いてたんですが
劇で、やったんですよ。


エロキモきゃぴ刑事役。
※エロくてキモくてきゃぴきゃぴしてる刑事役。

痛いのは承知!

ええ、この上なく痛いです。

しかし、何より痛かったのは


客席の掃除中(既に衣裳に着替えています)言われた一言。


「え?!さねやったん?!めっちゃ清掃のおばちゃんかと思ったし!!!」

「うちも思ったー!」

( ̄□ ̄;)!!

私は実際知ってる人はわかると思いますが

・極度の内股
・出っ張ったケツ
・ぽっちゃりより太い体型

など、
大人の洋装をすると、
オバサン臭く見える特徴を兼ね備えています。
それは自身、理解しているのですがかなりずばっと切り捨てられたので衝撃的でした。

タイトスカートに
カッターブラウスとネクタイ、ストッキング。
というのが本番スタイルだったのですが、
本番までの防寒対策に着ていた赤のセーターがプラスアルファの選択ミスだったようです。
素敵なくらい若さが無くなっていました。


即、脱ぎました。


そんなエピソードと共に迎えた本番は、アクシデントもありましたけど無事終了しました☆

楽しかったですよ(*^_^*)
台詞の語尾には必ず「v」もしくは「w」が附いていました。

本人はエロ可愛いブリッコ気取りで動いていましたが、あれは『気持ちが悪い』としか表現出来なかっただろうということを告白します。

また、頭の片隅で明日の実力テストの事を考えていました。
ごめんなさい。
あ、明日テストか。

以上の事柄如何思われますか。

痛いですか。

痛いですね。

いいです、


さねは所詮、
痛いのを絵に書いたような人間です。
判ってますよ、ええ。

あ、引かないで。

普段は割と普通ですかね?ら?


*本日の教訓*
お金は大事やね☆


では。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

一月最後の朝

意図的に遅刻しました。

まぁ、とにかく遅刻しました。

雨は厭ですねぇ。


今日は、放課後にイベントで痛いことをします。
たぶん私の厨房時代までの友人達なら、

ああ、またやっちまったよ、奴は…

って、なるでしょう。

気になる内容については、
夜までお待ちください。


※R指定ではありません(笑

……こんな朝はやくから私なぞのブログ見てる人、
いるのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.30

テストだったんだ…今日

仕舞のテストだということを学校往くまで忘れてました。

平家の武将で琵琶の名手であった《経正》の舞です。
かなりやばかったです。
色々な意味で。

だって、難しいもん!

テストのあと余った時間で《春日龍神》を教わりました。
飛んだり跳ねたり、なかなかハァドな舞ですた(汗

あれ、出来たらかっこいいなと思うのですが。


出来ないと虚しいだけですね。
はい。

では。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.29

道頓堀2

赤い灯~青い灯~道頓堀~の~♪

知ってる人は知ってる知らない人は知らない道頓堀の歌でお送りいたします。昨日は道頓堀は人の名前であり、発展もしていない地域であったということをお話したと思うのですが、それではそんな道頓堀が発展するきっかけとなったのはなんなのでしょう。

道頓堀櫓町

道頓堀川の南岸に、1653年に「芝居名代5棟」が公認されました。(当時は国に認められた劇場にその証拠としてが立つのです)そして櫓町と呼ばれ歌舞伎や見世物、義太夫節などの娯楽で栄える芝居町となったわけです。

YAGURAっていうのはこんなもの

ですが、現代では劇場などをさびれた所に作ったりすることはあんまりないですね。ある程度栄えているところにありますよね。 

この頃の芝居町というのは風紀の乱れを引き起こす要因として恐れられ蔑まれていました。娯楽というのは少なからず人身に刺激をもたらすものです。それによって反幕思想などが起こってくることを憂えたりしたのですね。また、笑いは下品なものであるという武士道の思想も関係していると思われます。

というわけで、当時の大阪の端っこに芝居町が出来たわけです。

道頓堀五座

芝居小屋が道ト(どうぼく)氏によって大阪の中心から南部に外されてから、現代に残る名劇場三座の礎と、現存はしてませんが当時にぎわった二座。合わせて五つの芝居小屋がオープンしました。

前者三座は中の芝居『中座』、角の芝居『角座』、大西の芝居『浪速座』であります。少なくとも中座と角座は有名ですね(^^)

それぞれの場所がお互いに張り合い、お客は芝居の合間にその辺りの水茶屋(カフェホテル?)で一服して、一日ゆっくりと芝居を楽しんでいたようです。

現在は時間の都合上、歌舞伎、文楽といったものの演目(狂言ともいうんだけど)は全部ではなくもっとも盛り上がる部分を取り上げて行ないますが、当時はぶっ続けの通し狂言(休憩はあったでしょうが)でした。五時間六時間芝居を見ていたわけです。

町人たちの豊かな暮らしを象徴していますね。

タイムイズマネーな現代においてはありえないことです。羨ましいですね。こんな風な余裕があるくらい当時はある種平和であったといえるでしょう。

心に余裕がないと芸能娯楽の発展はありえないのですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.28

道頓堀

日記にするほど楽しいことがなかったので、今日はつい最近勉強した雑学で攻めるぜ!

道頓堀って何で道頓堀って言うかご存知ですか。

私もつい最近まで知らなかったのですが、「道頓」って人の名前なんですって!

1612年から安井道頓っていう人物が私財を投げ打って開削し始めたもので、当人は大阪夏の陣で戦死されたようですが、志を継いだ従弟の道ト(どうぼく)氏が開削し、1615年に運河を完成させたそうです。

昔、道頓堀といえば大阪でも開拓が全くされていない地域で淋しいところだったようです。信じられませんな。

今、観光客やらなんやらがカニ撮ったり、人形撮ったりして賑わってるんですもんね。

もっと言うと江戸時代、今ビッグカメラのある千日前筋のあたりは墓場やら、処刑場やらがあって、明治の初めごろまで実際にさらし首されてたりもしたんだとか。

怖いですなー、ハイ。

よく霊が人を呼び寄せる、とかそれによって供養がされるって話があるじゃないですか。あれは大抵後付の話なんだそうですよ(私は霊を信じてる子ですが)。

道頓堀より千日前は南にあります。ということは昔あのあたりは物寂しい場所だった。都市開発が進んで南の方をどんどんと都市化していったために、墓場や処刑場がなくなっていきました。その様子を見た人が幽霊が人を集めたとか言ったのかもしれないですね。

もっと語りたいけど、今日はこの辺で。

道頓堀が発展して言った理由などを明日にでも語ってみたいと思います。

では。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.01.25

つながり

人はつながっている

誰かと何かにつながって

生かされている。

それは幸せかもしれない

それは苦しいかもしれない

でもそれは

あなたが独りじゃないってこと。

《以下から宗教がらみ》

仏教の教えに諸法無我という考え方があります。
他あらずして我無しと言うことですね。
綺麗事に聞こえますが、本能的に備わっている『欲』がある以上、何かに頼らねば人間は極限状態に陥るのです。
ごく普通に生きていく為には自己の努力は勿論、何かに頼り、頼られることはかならず経験するはずです。

それはめんどうでしんどいことだと思いますが、
宿題をやらずに休み明けに痛い目を見るか、楽ができるかというように(些細なことかもしれませんが)
何らかの形で自分の所に還ってきます。
見返りを求めるということではないのであしからず。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.01.23

陰陽座!!!

知り合いさんに陰陽座のCDをお借りしました~。

ヤヴァイ、かっこいいだす。

ジャケット、曲調、演奏、ヴォーカル…

全てがツボりましたw

和風って感じですわ。前々から聴きたかったので嬉しいですなあv

毎夜のごとく聞きまくりそうな予感です。

それにしても寒い。

なんかの呪いとかじゃないんでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.18

文楽体験授業

現地0時50分集合。

三時間目まで授業有、という微妙なシュチュエーションで文楽劇場で行なわれる体験授業に往ってまいりました。スッゲー楽しみだったのはいいですが、

何故そんな日の三時間目に4000m走があるのか。

うざさ全開、某文楽の授業の非常勤講師の先生との再会(おじいちゃんです)を胸に秘め、走り切ったよ、4000m。校庭10周。さて校庭の広さはなんぼ。

 で、友達と以下のようなスケジュールを立てて出発☆

  1. ダッシュで着替えて地下鉄谷町線某駅へ向かう
  2. そこから谷町九丁目駅で降りて、千日前線日本橋へ
  3. 日本橋(にっぽんばし)で下車、なんばの地下街で飯
  4. いい時間になったら文楽劇場にゴー

しかし!3で問題発生。

…あれ店しまってる??

近くにあった貼り紙の内容 「次の定休日は1月18日(水)です」 マジかよ。

コンビニを探して手早く食事を取ると、さあ来ました文楽劇場。

定時より少し過ぎて体験授業開始…ってちょっと待った!「文楽」を知らない方もいるかと思いますので少し解説。

 三味線さんと義太夫さん

義太夫を実際に語ってみよう!ってことでみんなで声を出してみる。「仮名手本忠臣蔵」の中で登場するフレーズ「たちさわァ~ぎィ~」をみんなで語る!楽しいです。 で、やっていたらわかるのだけど、なんとなく空気を読むというか、五線譜にはないものを互いに感じあっているんですね。

 非常勤講師の先生

先生のしゃべり方はとてもおっとりしていらっしゃるので、みんなうとうと。私は割りとその先生の話が好きなんですけどね。心なしか何度も目が合う。そして異様に質問される。部屋の中の温度のせいもあって顔が真っ赤になりました。(※おじいちゃんですから)

 人形遣いさん方

殆ど間近で人形を見ることが出来ました。あごをあげるとどっかアホっぽく見えるし、下げると寂しそうな顔や苦心の顔にも見える。本当に人間のようです。女形人形の足使いをやらせてもらうことが出来ました。これが難しい…前が見えない上、女性の人形には足がないので指と手を駆使しないといけません(あるように見せるのです)けど、おもしろかった。

約四時間、有意義なときをすごすことが出来ました。

あ、宣伝しとくと国立文楽劇場は、一階ホールは誰でも入れるので、ちょっとのぞいてみるのも面白いかもしれません。展示室では、人形の面白いかしらの展示をやってるので、往くなら見てみるといいです☆

それではノシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.17

ヒカリの魔法

空の舞台に立つ自分に

ヒカリ(自信)をつけてあげる

ただのナマのヒカリでも

無限の可能性を秘めている

チカラを押し出す裏方(調光卓)で

ヒカリをどんどん強くすれば

無限に輝いて美しく見える

出会い(カラーフィルター)があれば

あらゆる色に染まっていける

舞台にうつる自分を

光が強く包んでいく

誰よりも誰よりも、輝いて見える

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.15

雑誌の表紙デザイン

OCAにて、雑誌の表紙を制作する体験授業をしてきました。

エロ格好良い、倖田來未さんの写真をバックに、並び立てられるアーティストが何故か殆どヴィジュアル系。
miyaviとかGacktとか陰陽座とかあさきとか、、、。

はい、趣味の世界大爆発ですね。

現物は部屋に飾ることに。
架空の企画なんで、向こうの先生が江頭と打ったりで更にこゆくなりそうでしたが、ぎりぎりで差し押えました(笑)

帰りぎわに余った金を使って本屋で気になってたエピGを購入。
公式☆矢ファンからは賛否両論ある作品ですが、
あれはアレで有りだと思いますた。ただ、ゲットバッカーズ、デスノート等のような細かくて華やかな画面なので、慣れてない人はびっくりするかも知れないですね。

では。200601152321000.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.01.14

新年Kris ライブ

生憎の雨天でしたが、ライブハウス内はアツかったです。

ヴォーカルの娘さんは相変わらずよいお声をしておられました。
ギタリストおよびべーシスト陣のテクニックは更に飛躍しておられましたし、

ドラムのARUクンも善戦していました。
汗が目に入ったらしくパチパチパチパチして顔が必死。

みなさま、8曲もお疲れさまです。

オリジナル曲、宵桜二章が初お目見え?格好よいです。
MMT氏(リーダー)の詩が綺麗で切なくて好いですね善いですね佳いですね。
三回言っても足りません。
あんな詩が詠めたらなぁ…とつくづく思います。

ライブの後は伝説の少年MAGNAら部外者チームと雑談をし、解散☆彡

彼らはゲームセンターへと還ってゆきました。
私も「一緒に還ろうや」と誘われましたが、今回は辞退しました。

明日、OCAにプレスクール体験に往くのでお金をとっとかないと☆彡

それでは。ほくほくのさねよしのレポゥトでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライブと年齢及び性別不詳の我

今日は高校でバンドを組んでいるARU氏のライブがあります。

今までに何度か往かせていただいていたのです。

今日も行くつもりなのです。が、どうにもこうにも、私の装いはババ臭いのか、子供臭いのか、(無論そこまで年寄り臭い格好をした覚えはない

前回往った時、こともあろうに

知らん人らに保護者に間違えられましたよ。

あんたらとタメ年ですから。(爆)

私、子づくりした覚えないですから。(ぁ)

それが違うと分かると「妹?」と来た。

ちょっとまて、に見えるねん。

前々から髪も短く、男性に間違えられることは多々ありました。(一番むかついたのは通りすがりにまったく面識のないオナゴ二人が「女やった!」とでかい声で言ったこと。女じゃいけませんでしたか?男だったらどうするおつもりだったのですか小娘どもww)

ただ、慣れてるとはいえこっちも人間なので毎回そう言われると困ります。いちいち説明したりなんたりするほど私も人が良くはありません。そのうえ、向こうは向こうで話題になってるからたちが悪い。

後ろとか少し離れた場所で聞こえるか聞こえないかの声で自分に対するうわさをされるのは気分の良いものではありません。どうせなら聞こえぬ所まで逝って、やれ★ 

 今回はそういうことにならない工夫をして行こうと目論んでいた(髪とか、服とか)のですが、生憎の雨。

ちっ、いつものごとく、かよ。

なのでいつも着用している眼鏡を外しておこうかと思います。

結構危ないしね、人でごっちゃらごっちゃらしてるから。

でも眼鏡がないととしんどいんだな~全く見えないから。

さてどうしたものか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.13

お届けもの

「五月雨さねよしさん宛てに冊子のお届けものがありました。」

何事?

受け取ったものはなんと、

カレンダー!!

送り主は、S能楽堂館主!?…あのおっちゃんか!
※記事立食パーティ参照。

凄いです。でっかくて格好よい(渋いとも言います)カレンダーです。
館主さんありがとう!200601131855000.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.12

パンとワイン

彼の人の血肉

それ即ち

赤き酒と薫り高きパン

口の中に放り込んで

祈った

衆生の罪が許されるように

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.11

ヒメウオ

ぽこっとひとつ

泡になる

ぽこぽこっとふたつ

泡になる

泡となって消えていく

人魚姫を思いながら

水の世界に溶けていく

ぼくの人魚を思いながら

水の世界に溶けていく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.09

商売繁盛で笹もってこい!

大阪ではえべっさん〔恵比寿さん〕の宵恵比寿でした。

ニュースでも良く取り上げられていますが

9日の宵えびす

10日の十日えびす(本恵比寿)

11日の残り福

…となっています。

で、今日は宵戎だったわけで、何年か振りに父といってきました。

まず、戎様の社にお参りしました。

 意外と地元の人も知らないのですが、戎様の社の裏側にはEVI

こんな鐘があります。

戎さんは耳が遠いのでこれを鳴らして起こしてでかい声で願掛けしないと駄目らしいです。私もつい最近まで知りませんでした。

というわけでしっかり願い事を聞いてもらいたい人は戎の社に回ってみてください。

では。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.01.08

自然史博物館

長居公園内にある自然史博物館に理科の課題クリアの為に行ってきました。
寒かった。。。
でも、今日は素敵な出会いがありました。
同じく博物館を目指していた親子連れの方々に道を聞かれなんとなく一緒に行くことに。
子供大好きです。
姉弟さんだったのですが可愛いですの、小学生☆彡
 そしてさねはとても古生物学が好きです。
つーわけで

うんちく開始!

聞かれる事聞かれる事にムダ知識を披露。

あほですね。わたし。
テストに関係ないことをたらたらたらたら…
さぞ迷惑されたことでしょう(爆)

課題は十分程で終わったのですがあとはムダ知識を披露。
ああゆうところで、ガイドのバイトとかないかなぁ。
で課題の内容にオリエンテーション広場のナウマンゾウのスケッチをして帰りました。

わたしの絵にしては上出来…かな?200601081604000.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.05

進行

一つ区切りが過ぎて
また新たな年が始まる
ときのつながりを忘れないで
あなたらしく
わたしらしく
それぞれの未来へ

私達はそのために
ここにいる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »