« つながり | トップページ | 道頓堀2 »

2006.01.28

道頓堀

日記にするほど楽しいことがなかったので、今日はつい最近勉強した雑学で攻めるぜ!

道頓堀って何で道頓堀って言うかご存知ですか。

私もつい最近まで知らなかったのですが、「道頓」って人の名前なんですって!

1612年から安井道頓っていう人物が私財を投げ打って開削し始めたもので、当人は大阪夏の陣で戦死されたようですが、志を継いだ従弟の道ト(どうぼく)氏が開削し、1615年に運河を完成させたそうです。

昔、道頓堀といえば大阪でも開拓が全くされていない地域で淋しいところだったようです。信じられませんな。

今、観光客やらなんやらがカニ撮ったり、人形撮ったりして賑わってるんですもんね。

もっと言うと江戸時代、今ビッグカメラのある千日前筋のあたりは墓場やら、処刑場やらがあって、明治の初めごろまで実際にさらし首されてたりもしたんだとか。

怖いですなー、ハイ。

よく霊が人を呼び寄せる、とかそれによって供養がされるって話があるじゃないですか。あれは大抵後付の話なんだそうですよ(私は霊を信じてる子ですが)。

道頓堀より千日前は南にあります。ということは昔あのあたりは物寂しい場所だった。都市開発が進んで南の方をどんどんと都市化していったために、墓場や処刑場がなくなっていきました。その様子を見た人が幽霊が人を集めたとか言ったのかもしれないですね。

もっと語りたいけど、今日はこの辺で。

道頓堀が発展して言った理由などを明日にでも語ってみたいと思います。

では。

|

« つながり | トップページ | 道頓堀2 »

胡乱ごと」カテゴリの記事

コメント

こんなどうでもいいことですが、
知ってると、話の足しにもなると思います。
活用してくだしあ。

投稿: sane | 2006.01.29 10:57

へぇ~!すごい!めっちゃ勉強になりました☆早速お母さんに報告!!(笑)

投稿: 夏未 | 2006.01.29 09:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120755/8385303

この記事へのトラックバック一覧です: 道頓堀:

« つながり | トップページ | 道頓堀2 »