« ヒカリの魔法 | トップページ | 陰陽座!!! »

2006.01.18

文楽体験授業

現地0時50分集合。

三時間目まで授業有、という微妙なシュチュエーションで文楽劇場で行なわれる体験授業に往ってまいりました。スッゲー楽しみだったのはいいですが、

何故そんな日の三時間目に4000m走があるのか。

うざさ全開、某文楽の授業の非常勤講師の先生との再会(おじいちゃんです)を胸に秘め、走り切ったよ、4000m。校庭10周。さて校庭の広さはなんぼ。

 で、友達と以下のようなスケジュールを立てて出発☆

  1. ダッシュで着替えて地下鉄谷町線某駅へ向かう
  2. そこから谷町九丁目駅で降りて、千日前線日本橋へ
  3. 日本橋(にっぽんばし)で下車、なんばの地下街で飯
  4. いい時間になったら文楽劇場にゴー

しかし!3で問題発生。

…あれ店しまってる??

近くにあった貼り紙の内容 「次の定休日は1月18日(水)です」 マジかよ。

コンビニを探して手早く食事を取ると、さあ来ました文楽劇場。

定時より少し過ぎて体験授業開始…ってちょっと待った!「文楽」を知らない方もいるかと思いますので少し解説。

 三味線さんと義太夫さん

義太夫を実際に語ってみよう!ってことでみんなで声を出してみる。「仮名手本忠臣蔵」の中で登場するフレーズ「たちさわァ~ぎィ~」をみんなで語る!楽しいです。 で、やっていたらわかるのだけど、なんとなく空気を読むというか、五線譜にはないものを互いに感じあっているんですね。

 非常勤講師の先生

先生のしゃべり方はとてもおっとりしていらっしゃるので、みんなうとうと。私は割りとその先生の話が好きなんですけどね。心なしか何度も目が合う。そして異様に質問される。部屋の中の温度のせいもあって顔が真っ赤になりました。(※おじいちゃんですから)

 人形遣いさん方

殆ど間近で人形を見ることが出来ました。あごをあげるとどっかアホっぽく見えるし、下げると寂しそうな顔や苦心の顔にも見える。本当に人間のようです。女形人形の足使いをやらせてもらうことが出来ました。これが難しい…前が見えない上、女性の人形には足がないので指と手を駆使しないといけません(あるように見せるのです)けど、おもしろかった。

約四時間、有意義なときをすごすことが出来ました。

あ、宣伝しとくと国立文楽劇場は、一階ホールは誰でも入れるので、ちょっとのぞいてみるのも面白いかもしれません。展示室では、人形の面白いかしらの展示をやってるので、往くなら見てみるといいです☆

それではノシ

|

« ヒカリの魔法 | トップページ | 陰陽座!!! »

古典芸能」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120755/8221640

この記事へのトラックバック一覧です: 文楽体験授業:

« ヒカリの魔法 | トップページ | 陰陽座!!! »