« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月

2006.03.30

えふえふ@購入

えふえふ@購入

冬休みの短期バイトをはたいて買いました。

ただの自慢でスイマセン。。。

ネタがなくなったらプレイ記でもします。

!あ!日付かわってもた

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.28

高校・保険事務所@迷走

教科書販売のため父に学校まで送ってもらったのですが

ことごとく迷走。

あっちゃ行ったりこっちゃ行ったりしました。

なんとか学校に到着。

途中、待ち合わせしていた友人を乗せていったのですが、

「さねのお父さんおもしろいなぁ。」

フッ。 何せ私の父親ですから★

で、購入後、父について社会保険事務所に行きました。 年金の請求手続きです。

しかし、またしても

大迷走。

あはは… 新世界、さっきも見たよ?!

携帯で地図をおとして、なんとか到着。

おろ? さっき通った路にあるやん。

そんな一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.27

ファイナルファンタジー語り

巷で話題のファイナルファンタジーの第12作目。

今までやってきた中でのお気に入りは

4・6・7・9

なのですw

4~6はあまり映像的には鮮明な時期ではありませんが、内容的にツボ。

キャラクターもよろしいですね。

後半の方が悪いというわけではないですよ。

個人的にファイナルファンタジーでもったいないと思うのは、アルティマニアとか観ないと裏の裏までが推測できない謎があるというところでしょうか。あと複雑なシステムがあったりとか…

で、ポーションやらで話題のファイナルファンタジー12。

12なので星座関連なんですね。ふむふむ。

封切りの前に売っちゃう人もいるらしいですが、折角買ったものを簡単に手放すのはよろしくないような気が…何が悪かったのでしょうか。

とかいいつつ私はまだ買ってないんですが。

毎日父と出歩いてるのでここ数日のうちに購入して遣りこませて頂きます。

私基本RPGしかしないんですよ。PS系は。

PCは歴史シュミレーションと触れゲー。

今更64とかのアクションとかね。

ああ、こんなことばっかりしてるから駄目なんだよ、俺は。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オウム裁判

松本被告の死刑の可能性が一挙に高まってきたそうですね。

まあ、当然といえば当然なのですが、

ご遺族や被害者の方々からしてみればせめて本人から反省の態度と言葉が聞きたかったことでしょう。

ですが、これ以上裁判を長引かせるのは無意味ですね。

弁護側は弁護側で大変でしょうが…

これ以上、あの人を生かしておくのは税金の無駄遣いの気もします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

父@大工

細くて長い戸棚?みたいなものを買ってきて何するんだと思ったら、

電話台に改造しちゃったよ、父。

とびら一個外して、後ろ側に穴あけたりして工事の末、こんなものができました。

200603271923000 見にくいですが、手前のヤツの上の方Hが電話を入れるスペースになっております。

頑張るなあ、父。

ああいう風に手先が器用だといいのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.26

んーん。

国会で居眠りする人の気持ちが分かったような気がしました。

ちょっと、いろいろあって偉い人の話を聞く機会を得たのですが、文章の中に本意が無いというか魅力を感じませんでした。。。

若輩の身ゆえの感情なのだろうかとおもうのですが、にしても…。

ああ、誤解を招きそうなので言っておきますが、堅苦しい文章って嫌いではないです。

きっちりと枠に収まった文を書いていて、素晴らしいとは思います。

ですが、三人の人が全員おんなじ内容に対して少々文中の言い回しを変えて題目を変えて延々とおんなじ内容をだらだらと復唱しているだけ。全員おんなじ話してるんですよ?!意味が取れないとかそういう問題ではないです。

あそこまで行くと胡散臭いというか、なんというか…

洗脳みたいじゃないですか!

話を聞きに行ったら、大概勉強になったなとほくほくして帰ってくるのですが、今回は少々堪えました。

 四月一日(ワタヌキ…)に自分もスピーチ的なことをする機会があるので、原稿を作ってるんですが(当日は暗記したことを喋るつもり)もっと分かりやすい、端的な文章にする必要がありそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.25

とあるスーパーで

七福狸なるのれんを発見しました。

プリティーです。

見てると幸せな気持ちになれます。

私の部屋に微妙な小窓があって、サイズのあうカーテンがなかったので

買い。

部屋に掛けてやりました。
和みます。

母曰く、

「なんかめっちゃ賑やかやな。落ち着かへんわ。」

らしいですが。

かわいいからいいじゃん。200603252220001.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.23

明日

友達が演劇するとか言うのを観に行きます。

…なんか、ちょっと怖いなあ。

前に私が演出したときに沢山駄目を出してくれた子達が出るので、

アンケートとか書くときどうしよう…って感じなのでつ。

そんなこと今から謂っててもしょうがないですね(^^)

うっし気合入れて行って来ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.22

水滸伝天導一0八星

…っていうゲーム(小波さまの幻水ではない)、使用キャラ全員コンプしてなかったな…と何年かほったらかしていたPC版を久しぶりにやってみる。(ネタ無い故のゲームネタ)

おもろい。

やり始めると日付が変わってしまうのです。

キャラが良い。(オヤジ率高し)
設定が美味しい。

やりたいなー水滸伝の小説。
…意図しなくても私が書いたらすみれぽくなりそうだ;(末期)

誤解されそうなので年の為水滸伝の原作解説。
水滸伝は中国北宋時代に起きた『宋江の乱』を基に描かれた長編小説。
当時の人々は彼らの反乱行為に同調し、色々な想像を膨らませ、
実際は三十六人の宋江ら盗賊の話だったものが、後世には約三百六十人の人物が登場する長大作に纏められました。
宋江をはじめとする義の一0八人が奸臣(悪代官)らに立ち向かうべく水の砦梁山泊(パチンコじゃないよ)に集うのです。

興味ある人は読んでみてください。半端なく長いです(笑)

※すみれの意味は判らなければ判らないほうが良いと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.18

またー?

今回は予定が被らないように、しっかり、一月前から予定を立てていたのに。

明 日 の 音 楽 フ ェ ス タ の た め に 。

それなのにっ…

母 「明日、お彼岸やからおばーちゃんとこ行くで。」

さね「?!!」

母 「?あんた明日なんか用事あったっけ?」

さね「前から音楽フェスタあるって言ってたやンな、うち。」

母 「そうやったっけ?…じゃああんただけ家おる?」

父 「それはお彼岸として駄目やろ。」 …というわけで、明日は音楽フェスタ観にいけません。らっきょう少年方のライブは一度も行ってません<○>))ゴメンナサイネ

去年は能楽鑑賞があったしなァ;ナンナンデショウ。

あ、今日は何ヶ月ぶりかに会うお友達に会ってきました。

彼女が「今日、会えて良かった」と謂ってくれたのが印象的でした。(変な意味ではないですよ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.17

回り道一周年

さねよしの健全なほうのサイト(笑)回り道が一歳になりました\(*^▽^*)/

(期間限定ページ設置中)

サイトを立ち上げたりというのは三年近く前からやってましたが、
タグの仕組みやブラウザの対応に疎くて
色んなサーバーを巡ったりサイト作っては消し、
作っては消して、タグについて勉強し直したり、
素敵な素材屋さんやテンプレ屋さんのデザインを拝借させて頂きながらここまでやってきました。

全ては素晴らしい方々のお陰です。
ありがとうございます。
感謝です。

ほむぺづくりの世界に私を引き込んで下さった方々にも感謝です。
ありがとうございます。

あと何年続けられるカナ?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.03.16

長唄特訓。

今年の夏の卒業発表会に向けてそろそろ準備をしていかないといけないなぁと思い、長唄の練習を始めました。

長唄っていうのは細棹三味線を伴奏に遣う日本のむかーしの歌です。

前にも話した気がするのですが念のため。

家で三味線の練習をしやすい環境にあるにも拘らず、唄の方を希望。簡単なように見えるんですが長唄は意外と難しい。正座して声を出すこと、伸ばすところが長い、独特の節があるので、演歌とかに雰囲気は近いかも知れません。…演歌得意な人は問題ないか。

家でゲームばっかりしてたら腹筋が衰えるので(ただでさえキングスライムですから…苦笑)練習しないと!ってなったみたいです。

それにね

四月…新学期。新しい学校生活にオタオタ。

五月…体育祭。

六月…卒業発表会が漸く本格的に動き始める。

七月中ごろ…本番。

数えてみたら長唄の授業、十回もありませんですた…。本番前は皆ぴりぴりするし、

足引っ張るのは、したくない。

沢山迷惑かけたりもしたしね、今まで。だから、三年生だし、逃げないように。

さくせんを

いのちをだいじにから

必要に応じて

バッチリがんばれ・ガンガンいこうぜ

に変えたいと思います。

にげるもなるべく少なくしていきたいね。

でも、体育祭のアトラクと応援団はしんどいにょー;(イキナリ揺らぐ決意。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.15

終わりの業の式

本日の終業式は
穏やかな校長先生の穏やかな挨拶、
クラス担任の厳しいながらもとてもあたたかい言葉。

どれも思い出深いものとなりました。

校長先生は映画がとてもお好きで、年に50本はみるのだとか(映画館で)。
すごいなぁ、と思って聞いていたら、

『私の親友は今年一年で500作ほど観たそうです(^-^)』

ごひゃく!!!

…あのぅ、一年て365日ですが。

人間は知的好奇心を養うべきだね、というおはなしでした。

明日は寝たいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.14

白い日だったっけ

今日はホワイトテーだったのですね。すっかり忘れてました。

まあそもそも、ヒッキーな私には関係ないような気もするのですが(遠い目

そんな私は、明日は休みで祝えなかった友人に誕生日プレゼントを持っていく予定です。

明日そうだ、終業式ですねー。もう三年生になるんですね、自分。

ビックらこいたなあ。早いなあ。

今まで受験で何一つ苦労していないのでこのまま楽に上に行けたらいいなあと思います。(おお?)塾なんて行かないよw…というか志望しているのが専門学校なのでテスト対策よりも普段の行いを正していかないと!

勉強馬鹿で世間知らずになるのも私の性分には合わないしね。

はやければ六月ごろに完全に決定するかな?

早ければいいってもんでもないのだろうけれど…

そろそろ卒業発表会に向けての唄の練習などもしていかなきゃいけないし、計画を立てるのは大事だわな。(誰に言ってるの)

頑張るよ~~(クチダケニナラナイヨウニナ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.13

ああ進級確定

三年生になれることになりましたw

コレで一安心ですv

最近ブラインドタッチが出来るようになってきました、さねです。

憧れのサイト様でキリ番を踏んで有頂天になってるとですw

近々ポーションを吟味してみたいと思います。

いいたいこと書いたら日記っぽくなったw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.11

犯人を捜せ

ついつい見てしまうテレビの犯罪捜査。

早く犯人がひとりでもつかまるといいな…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.06

テスト明日で最後

ふう。一年がおわろーとしてるんですね!

テスト終わったら暫くお休みでやんす。早いことですな。

学校生活が一区切りついたらサイト運営にもチカラ入れていきますので少々お待ちくださいませ。

休み中も忙しかったりするんだけどね。

電話がかかってこないことを祈りつつ平和にマったりと行きます。

月の終わりにはなんだっけな、部活の元知人が劇をやるそうで。。。

見に行ってあげようかな、と。

(独りで行くのは淋しいなあと思う今日この頃。某氏とでえと風味で行くか…

来月のしよっぱなには平和についてスピーチせよとの仕事(大げさな…)依頼も来てる事ですし原稿をそろそろ準備しないといけなさそうです。

原稿か…連載小説そろそろ、動かないとまずいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.02

鬼の念仏

極楽往生

極楽往生

ほざきて鐘を打ち鳴らす

極楽往生

極楽往生

手招き帳簿を捲りあるく

仏の使いか

閻魔の差し金

鬼の唱えし念仏は
黄泉比良坂の風に乗り
浮世の御魂を括り付け

彼の岸まで連れ逝かん

極楽往生

極楽往生

鬼の念仏浮世に充ちる

■□■□■□■□■□■□
よく行くお蕎麦屋さんに
素敵な『鬼の念仏』の素焼きの鈴を発見しまして、
写メを撮らせて頂きました〜
どこかで見たことあるようなひょうきんな顔が堪りませんv
(昔はこんなものに興味示したりなんてしなかったと思いますが…
こんなんが出てきて、
「極楽往生 極楽往生」
って連呼したり、
念仏を唱えたりするんでしょうか?
『踊り念仏』とかやったらおもしろいですね。
でもこれ、

死ぬ間際に現れるらしい

ので真実は闇のなかですね。200603011513000.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.01

梅華、桃華、供に咲く

ますらをぶりの梅の華

たおやかなるは桃の華

かしまし娘は梅の色

なよし娘は桃の色

実を付け初むるこのころにゃ
持って生まれたその色は
たれがゆうてもなおりゃせむ。

■□■□■□■□■□■□

梅と桃は正反対の植物だと思います(^-^)
芳しい薫りを放つ奔放な遊女が梅ならば、
控えめな香りがする純真な姫君は桃。

花は似ていますが比べるとおもしろいほど違います。
梅の幹は自己主張の強さを示すかのように、あっちゃこっちゃに伸びて、大変賑やかです。
『やかましい』て素敵な表現を小生のお祖母ちゃんはしていました。

対して、桃の木は上へすらりと伸びておとなしい印象を受けます。

また、梅は紅白!と色の主張がはっきりしていますが桃は穏やかな色をしています。

実の味も全然違いますね。
すっぱいのと甘いの。

…こんな話してたらお腹空いてきたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »