« 終わりの業の式 | トップページ | 回り道一周年 »

2006.03.16

長唄特訓。

今年の夏の卒業発表会に向けてそろそろ準備をしていかないといけないなぁと思い、長唄の練習を始めました。

長唄っていうのは細棹三味線を伴奏に遣う日本のむかーしの歌です。

前にも話した気がするのですが念のため。

家で三味線の練習をしやすい環境にあるにも拘らず、唄の方を希望。簡単なように見えるんですが長唄は意外と難しい。正座して声を出すこと、伸ばすところが長い、独特の節があるので、演歌とかに雰囲気は近いかも知れません。…演歌得意な人は問題ないか。

家でゲームばっかりしてたら腹筋が衰えるので(ただでさえキングスライムですから…苦笑)練習しないと!ってなったみたいです。

それにね

四月…新学期。新しい学校生活にオタオタ。

五月…体育祭。

六月…卒業発表会が漸く本格的に動き始める。

七月中ごろ…本番。

数えてみたら長唄の授業、十回もありませんですた…。本番前は皆ぴりぴりするし、

足引っ張るのは、したくない。

沢山迷惑かけたりもしたしね、今まで。だから、三年生だし、逃げないように。

さくせんを

いのちをだいじにから

必要に応じて

バッチリがんばれ・ガンガンいこうぜ

に変えたいと思います。

にげるもなるべく少なくしていきたいね。

でも、体育祭のアトラクと応援団はしんどいにょー;(イキナリ揺らぐ決意。

|

« 終わりの業の式 | トップページ | 回り道一周年 »

古典芸能」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120755/9120623

この記事へのトラックバック一覧です: 長唄特訓。:

« 終わりの業の式 | トップページ | 回り道一周年 »