« ピンクフロイド | トップページ | 実力テスト »

2006.04.26

こころ一つに

本日はお三味線の授業でございました。

私は唄に回ることになったのですが、声がでかいだけで取り柄ねぇ!

先生は「声が大きいからこそ注意とかができるんやで」と言ってくれたのですが、それに甘えてる時間は無い。
みんなの足を引っ張らないように、先に耳コピで練習していたトコの調子が外れるし、
皆で合わせやすいようにしてる場所で一人だけ音が違ったり…

それだけじゃなくて、
唄が転んだら三味線さんは乗っていけなくなる。

先生は、
「みんなばらばらじゃ本当に好いものは作れない」
とおっしゃいました。

最近は個人尊重が高まっているけれど、芸能の世界はそれに背いた回れ右の教えでやってきています。
大袈裟に言えば軍事的教育なのかもしれません。
だけど、その軍事的教育の根底には『目標に向かって力を合わせる』ということが入っているんです。
たくさん喧嘩して意見を言って、努力して一つのものをつくる。。。
社会のサイクルです。
確かに『個人の尊重』は大事よ?
でも、アレには『公共の福祉に反しないかぎり』ってゆう約束があるでしょ。

それと一緒。
誰か一人を尊重して何かするなんてえこひいきもいいところ!
だからといって皆の性質を尊重してちゃ、一つの方向に向かない。

早くみんなと気持ちが一緒になれますように。

|

« ピンクフロイド | トップページ | 実力テスト »

古典芸能」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120755/9779946

この記事へのトラックバック一覧です: こころ一つに:

« ピンクフロイド | トップページ | 実力テスト »