« 実感 | トップページ | 御釜とオコゲ »

2006.04.03

児童向け水滸伝

タイトルのやつを買い、三時間かかって上巻を読む。

おもしろいよ、これ。

聖闘士星矢並(ぁ)に台詞にツボが多いです。

登場人物みんな短気でどのキャラも口を揃えて一回は「ちくしょうめ!」とか「なんと大胆不敵!」とか「おれに喧嘩を売っているのか?!」とか「からかっているのだろう?!」とか「このうそつきめ!!!」とか言います。

あと、キャラクターの容姿。

例Ⅰ) 身の丈は八尺ほどもあり、頭はのようで、目がまるく虎ひげを生やしていかにも強そうな男である。

えっと、一尺はだいたい30cmです。それを元に計算しますと、 

30×8=240cm 

でっかいですね、ホント。

例Ⅱ) 全身に青い龍の刺青をして、顔は銀の皿のようだ。

…刺青はともかくとして、皿のような顔っていうのはきっと日本では褒め言葉ではないですね。銀の皿…どんな顔だろう。平安時代のしもぶくれで色が白くて髪が長いのとかに価値観が近いのだろうか。。。

とにかく一回読んでみてください、おもしろいから。

|

« 実感 | トップページ | 御釜とオコゲ »

胡乱ごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120755/9418207

この記事へのトラックバック一覧です: 児童向け水滸伝:

« 実感 | トップページ | 御釜とオコゲ »