« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

2006.05.27

みんなのうた

先日、クラスの中でも積極的に動くお姉さんが、バンドやってる少年とテーマソングを作っていて、それが完成したのでお披露目アンド練習。

元気っぽくていい感じでした(^-^)

文化祭のコーラス大会で使う分も聞かせて頂きました☆

ええ曲で鳥肌が立ちました(T_T)

今日は三味線の練習。
来週からはテスト一週間前。頑張ってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.25

卒業発表会のお仕事

現在、卒業発表会に向けてやっている中、
最後に弾く長唄『元禄花見踊』。

弾くところが増えちゃった☆

初耳のメロディなんで、
なかなか入らんです。

もう二ヵ月を切ってしまった卒業発表会…。
ぶっちゃけヤバス。
土日とテストを抜いたら一月もない状態。

やることたくさんありすぎて片付けに苦戦中。

幕間で担っている仕事も先が見えません。
明日先生がいらっしゃるので、
それまでに雛形は作らないと!

今日もハァドな一日となりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.21

体育祭と生まれた日

なんか忙しくて日記を書いてなかった約二週間。
雨とかのせいで体育祭が今日行われることに。

…って

今日わしの誕生日やないですか!
クラスに奇しくも同じ誕生日に生まれた子がいるので話していたのですが、
ここ数年、毎年体育祭だよ誕生日。

おもしろいことです。

そして晴れて(?)私は十八歳になりました。
普通自動車の免許が取れます☆
とはいえ汚い話、先立つものもないし高校は免許取得禁止だし、
何より続けていける日が夏期の長期休暇(卒業発表会が終わるまで無理だし)春の長期休暇くらいなものですからなかなか後になりそうです。


そんなこんなで十八歳、高校生活ラストの体育祭なので頑張ってきますノシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.13

寝てもうたよ…

携帯で日記を打っていました。

気がついたら朝でした。

何たる不覚!

照明の二年生が決まりましたー!

物凄く~~あれです。濃いです。

何はともあれよろしくお願いします!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.11

たくさんのこと…

今日はなんだか色々なことがありました。

脳みその中がごちゃってるので箇条書きにまとめてみます。

なので読んでもあまり面白くはありません。

1.とある放送作家先生の授業 スリラー、ロック・ウィズ・ユーなどマイケルジャクソン氏のPV鑑賞。その後吉本興業の裏の姿のドキュメンタリーを見る。…世間の荒波を知って高校生3年生のさねは愕然としました。

2.体育祭の種目決め(私は論外) 暇なので英語の宿題やったりをしてました。

3.放課後、昨年の卒業発表会のビデオを個人的に鑑賞 全員で見る機会があったらよいなと思いました。ミスはそこまで酷く見えませんでしたが映像にして初めて浮き彫りになった悪いところもありました。今年の卒業発表会の参考にしたいと思います。

4.先生と何故か三味線を弾く ビデオ鑑賞の後、副担任の先生が何故か三味線の練習をしたいと仰ったので私のわかる範囲でレクチャー。指すりを家に忘れていたのと、数週間唄の方ばかりだったので、私の演奏はあまりにも可哀相でした;先生ごめんね。

卒業発表会まであと二ヶ月

このところ何だかんだで学校に残ってます。今まで部活を止めてどこか物足りなさを感じていた体が再び忙しさを求めているようです。

卒業発表会なんかやりたくない、学校行事はめんどう!と思っていた自分がこんなに前向きに前進しているのは久しぶりな気がします。

小学生のときのソーラン節、中学生のときは、遠くに逝ってしまった『あの子』に捧げたよさこい河内音頭……

高校で今までたくさんイベントはありましたが、一年前はここまで余裕を持った戦闘準備はしませんでした。…未熟な自分には出来なかったのかもしれません。

一年前とは違うということを思い知らせてくれる!…この考えは愚かですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.10

語りの芸

芸能文化各論なる授業の中で語りの芸をいくつか聴かせていただきました。

先生が何分御年なので、ビデオを私がいじくることに。

色々聴いたのですがわたしはやっぱり義太夫が好きだなあ。

おなかの中から響く低い音が良いですね。

琵琶の弾き語りも聴きましたが、盲僧琵琶に使われる古式の琵琶は今の琵琶のような繊細な音は出ないのですね。楽器というものは時を重ねてよくなっていくものなのだと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.09

法印・弟・むつけた兄

昼休みに狂言の台詞合わせ(…といっても読み合わせみたいな感じでしたが)をやりました。

グッダグだでした私…。覚えてるようで覚えてない状態。

ただ内容はかなりおもろいと思います。

演者さえしっかりしていたら。

体育祭の裏方族で構成されたチーム狂言は早く動けるという利点を活かしてゆくつもりですが、何せテープが来週なので、それまでは大層に動けません。むう。

一週間くらいは自主練…

他のチームとあんまり変わらない出発ではありますが、その間に出来ることをしていくつもりです。そろそろやまちゃんに照明のこととかも説明していきたいし。

それと七都のヤツが開き直ったのかミョーに落ち着いてるので、いろいろ圧力をかけて、ある程度忙しくしてやろうと思ってます( ̄∀ ̄)ケケケ

ん?今年の狂言の演目ですか??

『梟』

です。うあー…我が高校では初演ですよ!?こあいこあい。大まかなストーリーを紹介すると後が面白くないので、後々。検索したら見つかると思いますけどね。

であノシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.08

体育祭モード

今日は団結式!!

午後一時五分、炎天下の中体育祭の熱く暑い戦いの火蓋が切って落とされました。

本年度の私のポジション…

体育祭実行委員!!!

…地味とかいいやがったな地味とか!(誰も言ってない)

大事な仕事なんだぞ!生徒会の次に大事な裏の仕事なんだぞ!!

とか言ってるけど結団式の後、私はフリー。

芸能文化科実習棟の照明のシュートをしたり、同じく実行委員の由実クンの話し相手をしながら脚本に使うコトバ選びのお手伝いをしていました。

それで約三時間消費。結局家に帰り着いたのは六時過ぎでした。

因みに体育祭は5月20日。

毎年応援合戦やらアトラクションやらが楽しみで仕方ありません。

今年はどんな芸を見せてくださるんでしょうか??(´∀`)ワクワク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.05

いいわけする。

えっと、数日間のネット落ちに特に意味はありません。

ちゃんと生きていました。生存していました。

あいつ死んだぜ、やったーとか思ってる人、

残念だったな。

じゃあ何故日記を書かなかったのか。

それにも理由はなし。

ただ、書きたくなかった…それだけです。

親曰く、「あんたここんとこ挙動不審やな(いつもにも増して)」ということだったので書いてもろくな文章になら無かったでしょうし、良かったのだと思います。

それから、業務連絡。

さねの携帯が永久サイレントモードと化しました。

マナー解除しても音が出ません。カメラのシャッター音が出ません。

それだけならいいのですが、

電話をしても双方の声が聞こえません。

暫くの間、連絡は家電もしくはメール、e-メールでお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.02

ユニバ

ユニバーサルスタジオジャパンに遠足だったわけです。
朝五時半起床。
八時に待ち合わせ場所へ。
現地に八時半到着。
テンション高々、みんなとあいさつを交わす。

みんな私を見てびっくりしてました。
折角出かけるし、所用あるので、よそ行きの服着ていったのですよ。
顔には薄くファンデーションと紅。

「さねさんて学校にいつも化粧として来んからさぁー」

そりゃまぁ。
高等学校は化粧する場所ではないですよ、きっと。
私が普段から余りにもラフ故、驚かれたようでした。

で、ユニバ自体はまあまあ。
水を使うのが好きですね、あそこ。
ジュラシックパーク行ってないけど(;^_^A

4Dシアターであの眼鏡の仕組みに感動し、
バックドラフトで炎ににやりとなり、
喋るわんこのコーナーでジェットコースターに乗りながらなぜ一帯が官能ピンクを使用した照明なのかを考え、
蜘蛛男の敵の十万ボルトを出せるやつの中の人がばいきんマン様だったことに衝撃を受けて帰ってきました。

しかし、少々疲れました。
ひどい顔で電車の中で微睡みました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.01

今日の事:丸太だし

わが校の体育祭は生徒用の観戦スタンドと、団のマスコットを立てる櫓を組んだりします。
Q1.
では、それに使う木材はどうするのか?

A.ちゃんと丸太置場があるのでそこから引っ張りだします。

Q2.ではそれを誰が引っ張りだすのですか?

A.私らです。

そう、今日は丸太出し!
スタンド班、マスコット班のリーダーおよび体育祭実行委員が駆り出されました。
体操服の長袖を持っていったことは我ながら賢明でした。

どっぷり疲れたので寝ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »