« ☆矢の日記と… | トップページ | リサイクルバトン=あいつバトン »

2006.06.10

能楽鑑賞:求塚

先日、大阪府下にある、大槻能楽堂に一年半ぶりくらいに行って参りました。

すっげえちゃけた装いで向かったのでドン引きされるかなあ?と思ったんですが、誰も何も反応しなかったのでよかったよかった。

蝸牛~かぎゅう~

という狂言の演目目当てで行ったのですが、(さねは一度鑑賞経験あり)

先生がゴリ押し(使い方誤)する

求塚~もとめづか~

というお能も鑑賞。

そっち側はノリノリではなかったのですが、お仕舞いを指南してくださってる先生が出演なさっててこりゃ観るっきゃないぜ!と思って観てきました。

今回のツボ

・物語自体はどこにでも伝わっていそうな悲恋

・面(オモテ)を被ってるのになんとなく先生とわかる面白さ(内輪ネタ)

・『動』より『静』の強い演目ながらラストの緊張感が独特

・後シテ(後半に登場する主人公)の痩女の面に味がある

んで、今回は何よりも…

公演中ずっと起きていられました!

市内に住んでる後輩の子とようやくお話が出来るようになったんですよ~。

ほくほくとして帰ってきたら11時でした。

風呂も入らずに寝てしまったことは内緒です。

|

« ☆矢の日記と… | トップページ | リサイクルバトン=あいつバトン »

古典芸能」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120755/10466823

この記事へのトラックバック一覧です: 能楽鑑賞:求塚:

« ☆矢の日記と… | トップページ | リサイクルバトン=あいつバトン »