« きっかけあわせ | トップページ | 九日:初通し »

2006.07.10

八日金曜日

今日は日本史。

私はテストを二日間休むという愚行に加え、
日本史の勉強は教科書に目を通すだけという強者です。

そんでテスト開始。
問題一群目、二群目はスラスラ。

おおっ?今日は調子がいいぜケケケなどと思っていたのです。

三群目

次の(A)〜(O)内に当てはまる語を語群より選べ

(A大海人)皇子は美濃を本拠地とし、東国からの軍事動員に成功し、近江朝廷をたおし、翌年(B飛鳥浄御原宮)で即位し(C天武)天皇となった。その後……

答えかいてあるやん

そこだけ飛ばして次をやっていたら、
現在、日本史担当でお能と日曜大工が好きな愛称クワティー先生がやってきました。

先生に問題用紙の不備を伝える

(以下デフォルトなし)

先生「あらららら、あーこれはえらいことなってんなぁ……」

みんな「アハハハハ」

先生「そこ飛ばしてください、配点変えるわ……いや、いいやもうそれ答え見て書いとけ書いとけ!ハッハッハただしまちがえとったらペケするでーー」

いいのか?これで。
今回の日本史、ものごっそ平均高い気がします。

|

« きっかけあわせ | トップページ | 九日:初通し »

古典芸能」カテゴリの記事

現代芸能」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120755/10864341

この記事へのトラックバック一覧です: 八日金曜日:

« きっかけあわせ | トップページ | 九日:初通し »