« 七月十三日 | トップページ | あと、四日 »

2006.07.15

まさかの…

昨日色々あって三味線の師匠からお叱りを受けました。
師匠は

「このまんまやったら稽古なんてできひん」

といって帰っていきました。


長い長い話し合いになりました。みんな一人一人の気持ちが足りなかったこと、あと七日にしてこんな叱られ方をして、本当に本番を迎えられるのか?
もう無理じゃないんか?って言う子。
後悔を口にして、辛かった。
総合監督、総合監督補佐のことばも一つ一つが重かった。

だから、自分が出来ることを今から、しよう。

私が言うべきではなかったかもしれないけど、
あのまま鉛のように沈んだままだったら意味はないから、
って言いました。

あと五日でめっちゃ変われる。
できることやったら感動できる。
妥協はしたらいかん。

そんな感じで、あと少しの時間をもっと
大切にしよう。

|

« 七月十三日 | トップページ | あと、四日 »

古典芸能」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120755/10946221

この記事へのトラックバック一覧です: まさかの… :

« 七月十三日 | トップページ | あと、四日 »