« 八日金曜日 | トップページ | なんか、恐い »

2006.07.10

九日:初通し

新しく作ったキッカケ表をひっさげ、始まった通し稽古の日。

卓操作の二年の子も緊張していたようですが、なかなか頑張ってくれました。

ただ予想より暗かったり、変に明るすぎたりして、
照明は改良の余地がいっぱいあるなぁと思いました。

狂言については、
一回観たらもう笑えない
ということがわかりました。
もっと練習、改良のでよくはなりそうだけど
観れば観るほど笑えるアタリメ性は無いらしいです。
手品の種明かししたらおもしろくなくなるのに近い静けさが客席に漂っていました。

あと必然的に後ろを向いたときの声が舞台端で止まって客席に飛んでこない、最後もっとひねって!という指摘も受けました。

自分的にも最後落としきれていないので、改善しなければいけないです。

長唄は少しでも心乱したらダメだと今日の通しで改めて思いました。

|

« 八日金曜日 | トップページ | なんか、恐い »

古典芸能」カテゴリの記事

現代芸能」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120755/10864607

この記事へのトラックバック一覧です: 九日:初通し:

« 八日金曜日 | トップページ | なんか、恐い »