« なんか、恐い | トップページ | まさかの… »

2006.07.14

七月十三日

照明の首領、アキヒト爺さまがやってきました。
それも、

授業中に!!

五時間目、六時間目とロングホームルームを使い、
三味線の稽古を芸能文化実習棟でやっていたのです。

ガチャ(ドアの開く音)

(◎-◎;)?!先生?!?!

不意打ちだったので、かなりキました。
練習を少し抜けさせて頂いて先生と今後について対談。

先生「仕込みはやったんか?」

さね「まぁ、出来る範囲で…」

先生「ほんなら基本はさねよしさんのやつでやろうや。」

さね「は、はい。」

そのあとシュートのコツとか、
地明かりは一番シュートで大事だとか熱く語られました。

自分のお仕事に誇りを持っていらっしゃるっなんてかっこいいなぁ、と思いました。

最後に卓操作担当のぴざを先生に紹介して
その場は終了しました。


あんまり疲れたのでそのあとのお仕事終わったらブースで爆睡してました。

八時半過ぎに母から電話があるまで、寝てました。
改めて自分あほだと思いました。

|

« なんか、恐い | トップページ | まさかの… »

古典芸能」カテゴリの記事

現代芸能」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120755/10929661

この記事へのトラックバック一覧です: 七月十三日:

« なんか、恐い | トップページ | まさかの… »