« まさかの… | トップページ | 夢と現実 »

2006.07.17

あと、四日

21日の公開リハは本番と何ら変わり無いので、
抜きにすると卒業発表会まで、三日。
そうでなくても四日。

ときは少し戻って、
あと五日が過ぎようという夕暮れ。
アキヒト爺さまがいらっしゃいました。
照明の神です。
日にち無いし、光ばらばらだし、こっぴどく叱られると思ったのですが、
特にどやされることもなく。
地明かり(舞台に点ける基本のベタ明かり)のより良い修正法を教わり、
先生パワーで舞台がとても明るくなりました。

「白ご飯は炊きあがったんやから、あとは君らで好きなおかずを作ってくれ。」

これは素敵な喩(たとえ)だなぁと思いました。
一瞬マジでモノカキから舞台照明の方に進路変更しようかと考えました。


先日はほかほかご飯の完成と、あと一つ。
めんどくさいと思ったら負けだ!
誰かじゃなくて自分がしっかりやらなきゃってこと。

まだ、みんな一つにはなれていないです。
私たちはどこへ行くのでしょう。
先輩達と同じ、涙を流せるのでしょうか?
…きっと出来る。
でも今のままじゃダメだ。

|

« まさかの… | トップページ | 夢と現実 »

古典芸能」カテゴリの記事

現代芸能」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120755/10974168

この記事へのトラックバック一覧です: あと、四日:

« まさかの… | トップページ | 夢と現実 »