« だんじり二日目 | トップページ | テスト@書英語 »

2006.10.10

テスト@古典、政経

 地元がぽかぽかとしたよい日和であったため、虫が多くて……ちょっとやそっとじゃうろたえないですが、それはもううじゃうじゃと。虫の大群(しかも凄い匂いがするやつ)の中を貫通するのがいやで遠回りをしたほどです。

 そんな本日のテスト。

 古典

 勉強しながら昔の人は根気があるなあと思った。村上天皇と宣耀殿の女御の古今和歌集の試験のお話と、時平と道真でした。

 村上天皇の負けず嫌いさはある意味歴史上最強では? その話を聞いていた一条天皇が私はそこまでしないし、できないだろうねーと言っているのが面白い。

 道真公はわたしのハンドルネームのヒントをお与え下さった神なので頑張って勉強をしました。強引でゲラな時平氏も大好きですw その時代のチーズだかヨーグルトだかの天皇万歳。

 全体的な出来はいつもより、善し。

 政治経済

 冷戦終結後の諸々差別問題などが中心。近いテーマだけにやり易かった。相変わらず、先生の作る会話式のテスト問題の字数は半端ない……。三人の学生がテスト前に勉強をしているという体で会話が進みその中の穴抜けを埋めていくのですが、

 目がぎんぎらしてきます。面白いんでいいですが。

 時事問題では、秋篠宮さんのご子息の名前がころりと抜けて、昭和天皇、現在の天皇陛下、皇太子さんの本名だけがでてくるという微妙さ。それもどうなんだ;

 全体を通してみたら、今回はそこそこよく出来たのではと……

 明日は最後の正念場、ライティングです。先生に申し訳ない点数しか取ったことがないので、頑張ります。

えいえいおー(>O<)/

   

|

« だんじり二日目 | トップページ | テスト@書英語 »

学校行事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120755/12226254

この記事へのトラックバック一覧です: テスト@古典、政経:

« だんじり二日目 | トップページ | テスト@書英語 »