« なっとく工房 | トップページ | 梟梟梟 »

2006.11.05

NHK想い出シアター

 チャンネルをぽちぽちしていたとき。

NHKの番組に白髭のおじいさんが出演していました。 ん? どこかで見たことあるなあ……まさか!

 サンタクロース?!! ←そんなわけがない

 よくよく見たら喜味こいしさんでした。お歳とりはったなあ……。

 夢路いとし喜味こいしといえば兄弟漫才の先駆けではないでしょうか? ご兄弟であそこまで上った方は漫才の歴史の中でも少数ですよね。マシンガントークでないので聴きやすくてすごく好きなのですww

 番組の構成としては1時間枠なのでおいしいところをどんと見せます。という感じで。

 夢路いとし・喜味こいし、桂枝雀、ミヤコ蝶々、中田ダイマルラケットあたりはインパクトが強かったです。時代を感じさせないですね。誰が見ても楽しめるというか……(個人的に落語は米朝師匠とかの方が好きなのですが;)

 他にも文楽人形(主遣い:吉田簑助)と地唄舞の竹原はんの「唐崎心中」。これは好き嫌いがありそうな感じでした。 (私もあまり好きではないw)薄絹の番傘が幻想的でした。

 松下幸之助氏(松下電器)と小林一三氏(阪急電鉄)の対談映像があったり。宝塚の父、小林一三の声付き映像なんてそう見られるものではないですからねw さすがはNHK。受信料払っていてよかったと思います。

 ビデオとっておいたらよかったと激しく後悔。再放送してください。

 こういう番組どんどんやっていったらいいのにと思うのは私だけですか??

|

« なっとく工房 | トップページ | 梟梟梟 »

古典芸能」カテゴリの記事

現代芸能」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120755/12567286

この記事へのトラックバック一覧です: NHK想い出シアター:

« なっとく工房 | トップページ | 梟梟梟 »