« 11/27月曜日 | トップページ | どきどき »

2006.11.29

時平と道真

 ゲラな色男と木石学者。お二方に23歳前後の年の差があったのですね(^o^;

 NHKの「その時歴史が動いた」を鑑賞して驚きました。

 時平って悪者イメージが先に立つのですが、女たらしでゲラってこと以外は普通の方みたいですね。努力と真面目を絵に描いたような性格と道真からすると気に入らんワカゾーだったのでしょうが;

 ただ、太宰府に道真が流されていったのも必然だったのかなぁと。彼が左遷されなければ、時平が同時期に政の場にいなかったなら……? 時平が勅選和歌集の製作案を帝に奏上する事無く、漢文で文章を書き連ねる時代がつづいて、今ある芸能の形とは違うものが生まれていたかもしれない。考えると不思議です。

 そして道真は59歳で太宰府で死去。その三年後、時平は39歳で死去。

 この死のタイミングも何となく意味深。

|

« 11/27月曜日 | トップページ | どきどき »

胡乱ごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120755/12873057

この記事へのトラックバック一覧です: 時平と道真:

« 11/27月曜日 | トップページ | どきどき »