« 父と暮らせば | トップページ | 来客日和 »

2006.11.09

義経千本桜 三段目(前)

 平成中村座の名古屋公演の映像を鑑賞。授業時間の関係などで半分しか見られず。中村勘三郎さん演じる、いがみの権太が主人公です。

 この義経千本桜は文楽の三大名作の1つ。歌舞伎にも取り入れられました。

 義経千本桜といいながら義経氏は影が薄めです。平の武将、知盛・惟盛・教経の三人の首が実はニセ首で、実は彼らは落ち延びていた……。という大胆な筋書きによって繰り広げられる物語であります。

 七之助さんと扇雀さんがいい味を出しておいででした。義経千本桜について具体的に明日からでも連載していこうかなあ…

 

|

« 父と暮らせば | トップページ | 来客日和 »

古典芸能」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120755/12623989

この記事へのトラックバック一覧です: 義経千本桜 三段目(前):

« 父と暮らせば | トップページ | 来客日和 »