« 山爺と対談 | トップページ | 印象バトン »

2006.11.01

二人の人間国宝

 人形遣いの吉田玉男(故)、義大夫の竹本住大夫。このお二方に焦点を当てた昔のドキュメント番組(NHKスペシャル)を見つけました。学校からお持ち帰りして鑑賞。

 なんの偶然か、その年に公演されていたのは今月、国立文楽劇場で行われる「心中天網島」。6、7年ほど前の番組で玉男さんの治兵衛を観ることができるとは思っていなかったので、かじりつきました。もっと、FFで人形遣ってるところを撮って欲しかった。

 とはいえ、テレビはテレビ。ビデオはビデオ。感動も生に比べるとそこそこしかありません。タイムマシンがあるのなら当時に戻って玉男さんの生の芸を見たい。

 住大夫さんが稽古にとても厳しい方だというのは聞いていましたが、物凄かったです。私だったら再起不能になるでしょうね。確実に。

 番組中で「芸に満足することはないなあ」って言っていらしたのも印象に残りました。一生勉強なんですね。満足してしまったらそこで終わりですものね。ああ! 聴きに行きたいっ!!

 と欲望が悶々としてきたので今月の文楽劇場の出し物について紹介しておきますw

文楽11月公演

11月4日(土)~11月26日(日) ※11月15日は休演日

*第2部=午前11時

心中天網島
 北新地河庄の段
 天満紙屋内の段
 大和屋の段
 道行名残りの橋づくし

*第2部=午後4時

伊賀越道中双六
 藤川新関の段 引抜き団子売
 竹藪の段
 岡崎の段
 伊賀上野敵討の段

紅葉狩

* 主な出演者 *

 竹本住大夫
 鶴澤寛治
 吉田簑助
 吉田文雀 
ほか

※16日より第1部と第2部の演目を入替になります。

 

|

« 山爺と対談 | トップページ | 印象バトン »

古典芸能」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120755/12517756

この記事へのトラックバック一覧です: 二人の人間国宝:

« 山爺と対談 | トップページ | 印象バトン »