« サスペンスを書こう! | トップページ | やっと。。。 »

2007.06.28

おやしらず談

 親不知(おやしらず)……。それは、口内の奥からひっそりと現れる歯のことです。

 き奴が現れました。左上の奥……何か突っ掛かりを感じるようになったのです。生活にさほど問題もなく、気にしていませんでした。

 しかし。

 ここ一週間ほどの間に、歯茎をべろんと突き破ってき奴が顔を出し始めたのです! わたしに対して許可もとらずに!! 無礼な。ひょっこり顔を出したくらいで……とお思いになるでしょう。しかし、き奴は大罪人なのです。

 親不知は生えるとき、体に何らかの変調をもたらします。科学的根拠があるのか、一介の専門学生には、はかりかねますが。

 発熱する人もいらっしゃるようです。私は熱を出したりしませんでした。しかし、体の左半分がこの上なく不調です。左側だけ間接痛。顔面の左に大量のにきび。時期といい、条件といい、き奴の仕業に違いありません。

 ……と、自分の不調を誰かに押しつけているさねよしでした。

 あ、出かかってる親不知は歯垢が溜まりやすく口臭の原因になるそうです。これは本当。

|

« サスペンスを書こう! | トップページ | やっと。。。 »

胡乱ごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120755/15582012

この記事へのトラックバック一覧です: おやしらず談:

» 糖尿病と妊娠 [捜査筋]
今回の最高裁による判断で ジェナさんも クリスマスマーケット ブラック [続きを読む]

受信: 2007.06.28 08:55

» 「科学技術講演会」 [国森のブログ]
「ものづくり 情熱持って」という呼びかけのようです。 物を生み出すというエネルギーは大変なものだけど [続きを読む]

受信: 2007.06.28 10:21

« サスペンスを書こう! | トップページ | やっと。。。 »