« ファンタジーとは何ぞや | トップページ | わたしの一冊 »

2007.06.04

十九で童話

 まさか、この年になって童話を立ち読みすることになろうとは。

 そんなことをしなくても大量の童話がうちにあったはずなのですが、

引っ越しの際に紛失。

 もしかして、捨てた? そうだと仮定した場合、かなりもったいないことしてしまった気が……。

 とにかく、小説のネタだしのために必要だと思ったのですよ!!

 結論:童話すばらしい!

 さほど長い話でもないのに、葛藤と対立が表現されていて、かつ道徳的。

 オリジナルで書いておられる先生と、逸話やほら話をもとに書いておられる先生に大きく分かれます。どちらにしても、読みやすく大人でも楽しめるという利点があります。そうなんかーと思わされました。

 失敗作の直しを含めて今週は三作提出しなきゃぁならないので、ネット自粛しよう……。

|

« ファンタジーとは何ぞや | トップページ | わたしの一冊 »

胡乱ごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120755/15311563

この記事へのトラックバック一覧です: 十九で童話:

« ファンタジーとは何ぞや | トップページ | わたしの一冊 »