« 同性愛 | トップページ | 拷問具の話 »

2007.11.05

ぶんらく

 めっちゃ見に行きたいです。文楽。

 今月は永遠の名作、曽根崎心中が上演されるのです!

 曽根崎心中は元禄時代、かの有名な脚本家近松門左衛門が実際に起こった心中事件をモチーフに書き下ろした作品。

 生きていては一緒になれない男女の悲恋の顛末……。演出は今と比べて簡単なものでしたが、当時の人々は共感できる内容に涙しました。やがて大波乱を引き起こし、心中ブームが起こったといいます。あまりにたくさんのカップルが心中を図ったため『心中禁止令』なる法令まで作られました。

 なんと馬鹿なと思う方もいらっしゃるでしょうが、思い当たる節はありませんか?
 テレビ番組などで、「この食材は体にいい」と言われれば、スーパーマーケットの売場でその品が姿を消す。「自殺サイト」での集団自殺が流行りだす。
 それとよく似たことが、曽根崎心中によって起こったわけです。当時は恋愛も自由にできなかったわけですから、尚のこと。

 ああ、書いてたら見に行きたくなってきちゃったよ。

|

« 同性愛 | トップページ | 拷問具の話 »

古典芸能」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120755/16983264

この記事へのトラックバック一覧です: ぶんらく:

« 同性愛 | トップページ | 拷問具の話 »