« ぶんらく | トップページ | 大阪ミナミ散策 »

2007.11.05

拷問具の話

 英会話の授業で、

「どっちかひとつ選ぶなら」

 っていう選択を練習しました。

 担当の先生が、「グロテスクでもOKだから二択の問題をつくって」と仰ったので、拷問具の話題になりました。もちろん、使ったことはありません。知識をぶちまけただけです。

 ある友人の三角木馬に始まり、わたしがアイアンメイデンとギロチンを語り、革紐を湿らせて解け無くする方法だの、魔女探しの水攻め、鳥かご、イカロスの翼に、果ては日本の地獄まで話題が広がりました。

 んで作った質問がコレ↓

「舌を抜かれる」か「針山を歩く」ならどっち?

 みんなに質問すると後者の方が多かったです。後者のほうが刑そのものは重いらしいのですが。やはり舌は大事なんでしょうか。

|

« ぶんらく | トップページ | 大阪ミナミ散策 »

授業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120755/16986794

この記事へのトラックバック一覧です: 拷問具の話:

» 英語ビギナーが英会話スクールに行かないでも3ヵ月後には英語上達を実感する勉強法 [最新の英会話情報!本場で使える英語を最短距離でマスターする方法!]
これを読んだ英会話の先生や帰国子女やカナダ人先生までも絶賛した英語勉強法!! 今まで英会話やTOEICが上達しなくて悩んでいた貴方が英会話スクールに行かないでも3ヶ月後には今まで悩んでいたことがウソのように英語上達できるように3つの秘訣をお伝えします。英語を本気で上達したいなら・・・。続きを読む... [続きを読む]

受信: 2007.11.05 23:38

« ぶんらく | トップページ | 大阪ミナミ散策 »