« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008.01.31

嬉しかった

「さねちゃんのこと、誰も責めへんよ」

 小説の課題が手付かずで、鬱々としていたわたしに専門学校の友人たちがかけてくれた言葉です。凄く嬉しかった。「どうせなら『病になって、小説を書けなかった』という言い訳がしたい」と愚痴を垂れたときには、

「そうは言うけど風邪を引こうが、無理してがんばるじゃないか」

 と言われました。その子はなんだかんだいって私を知っている。高校時代の初めのわたしなら、辛いことを言い訳に逃げていたことでしょう。ですが、今の私はそれすら出来ないチキンなのです。下手に今まで学校を皆勤して、課題をすべてこなし、走り回りました。好きなことだし、なるべくものにしたいという願いはあります。ですが、なまじ頑張ってきたがために、期待を背負うことになりました。

「さねしはできる人だから心配していない」

「プレゼンテーションよかった。この調子で」

「何かひとつでも、賞をとろうね」

「頑張って」

 はいはい了解です。わたしはチキンだからどうせ断ることなんてできません。言われたことをこなさなければ首と胴が離ればなれになり、さらしものにされるのと変わりありませんから。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.30

え、まだ仕事があるの

「二月一日に合同のプレゼンテーション練習を行いますので、●時に□*▲教室に来て下さい。だいだいでいいので原稿を覚えてきてください」

 こんなメールが届きました。小説の課題もまだ終わっていないのに。。。ようやく寝られると思ったのに……。完璧にしておかないと首括って死なねばならぬ。だって、今までそこそこ好評価を受けているのにプレゼン練習でグダグダだったら、馬鹿にされるだろうし、調子乗ってると思われるだろうし。。。

 わかってるよ、被害妄想が強いってことは。でも、人にいい事を言われたら悪いことを言われないようにしないといけないじゃないか。だってへこむもの。

「あいつ、二つもプレゼンできるからって調子乗ってきたよね」

「折角プレゼンの機会をもらってるのに全力を尽くしてない」

「なんであんなことを言ったんだろうね」

 そんな風に思われたら怖いじゃないですか。だから、仕事はきちんとやるよ。

……ていうか、ひどいね、わたし。だって他にも毎日のように徹夜をして頑張っている人がいるのに、この程度でつかれるなんて。馬鹿に思われるな。思われないよう頑張らなくちゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.29

プレゼンテーションの後に

 今回の企業課題は

「架空の音楽雑誌の一ページを企画制作し、プレゼンテーションを行う」

 というものでした。

 今年は良作が多かった模様です。凄いなぁって思ったのはテーマ素材にカブリがないこと。みんな個性的で変わったの観点から記事を作成していました。たいてい、一つやふたつ被るものがあってもおかしくないのにと思います。

 わたしが題材にしたのは上方落語と音楽です。落語と音楽は関係あるの? という疑問から導入し、最後には落語を聴きに行ってみようと提案して締め括りました。

 先生方からの反応はまずまず。まだまだ改善の余地のある紙面なので、二月一日までに改訂し、最終的な確認のあと、進級作品展「We Are OCA」に提出します。

 そして、ですね。この企業課題というのには、学科優秀賞的なものがあるわけですよ。こともあろうに、わたしの作品が、受かっちゃいました。

……

……

 マンガ、イラスト、小説の校内選抜に引き続きですよ!? 

 い、いいのか? わたしでいいのか!?

 おかげで只今、学校でパワーポイントとプレゼン原稿を作成中です。。。っていっても疲れたので休憩中w

 小説のほうはパワーポイントが一枚だけでいいのですが、小説は文章が勝負どころなのでイラストより不利! 太刀打ちするための画像も作らなくてはならないので結構面倒くさいです。自分らしさが出たほうがいいかなと思ったので、話のモチーフである炎と、十手と、ワビスケの花(主人公が侘助さんなので)を筆ペンでがつがつ。おお、妖怪が絡む話に見えるよ~。ある意味火事は妖怪だけど。Wabiwabi

 そしてこのデータに使う画像を保存したり、プレゼンに打ち込んだり、何度も何度もワビスケ侘助わびすけ……どんだけ好きなんだよ、侘助。ってくらい侘助って言葉を打ち込みました。

 侘助がひと段落したら今度は雑誌ページのほうにとりかからなくてはなりません。何枚か作らなくてはならないようです。

 後者の元原稿が、イラストレーター8.0(しかもMac)なので、教室をあっちゃこっちゃ移動しなくてはならないです。同じ部屋でやりゃいいじゃんってお思いでしょうね。だが! ある程度、マッキントッシュに慣れてしまうと、ウインドウズでイラストレーターが使いにくく感じてしまうのですよ。バージョンも違うしね。

 うしゃ、そろそろ仕事を再開しようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.28

せいいっぱい頑張る

 えっと、まずは橋本徹さん。

 大阪府知事選挙、ご当選おめでとうございます。大阪府を是非、元気にしてください。

 さて本日。わたしは、わが学校の特徴のひとつ「産学共同教育」の一環でプレゼンテーションを行います。お相手は某音楽雑誌社の編集長さんです。ドキがむねむねしています(笑)

 一応、原稿を暗記したりとみみっちい努力はしました。わたしの作成したものは、音楽雑誌なのか? というものなので少し不安です。

 ま、せいいっぱい頑張ります。

 あ、そういえば筆記具何も持ってねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.26

漸く、報われた

 悩みまくって書いたサスペンス。提出するのもはばかられるような出来でした。データが落ちて書けなかったこともあり、不安でたまらなかったです。

 それが授業終わりの作品投票で結構な票をいただきました。ありがたいことです。

 あの程度で満足しているようでは足りないのだろうけれど。

 次の課題はココア、ストッキング、びんぼう。

 これを使ってサスペンスが書けたら面白い。難しいだろうけどな!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.25

折られた

 進級作品展に出す小説作品のデータ、同じく音楽雑誌のページが完成しました。

 小説作品のデータを写出しようと思ったら、動きませんでした。なんということ。

 別のことをしようと思い、今度はプレゼンテーションに使う、パワーポイントのデータを作成。先輩の昨年のデータを見たら……

クオリティ、高くね?

 小説系はアピールポイントが限られてくるので一枚しかありません。その一枚の力の入り方がおかしい。こんな技術力まで問われるのかと思うと気が重いです。

 あ、明日は小説制作なのに……。書かなきゃいけないのに……。わたしは大丈夫なのだろうか。

 ここで書いていけなかったら、一時審査受かったから調子乗ってると思われるだろうし。ああ潤ちゃん(今書いてる小説の主人公)わたしに力を貸してください。明日の朝までにネタを、ネタをください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続・うへえ

 昨日は結局、遅刻しませんですた。

 ありがたや。しかし、わたしの体力の無さといったら。家に帰って爆睡して、人に追い掛け回される夢を見て起きたら朝でした。朝風呂はいって今からもそもそ小説を書きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.24

8時起床

うへぇ。

としか言いようがないよ。8時半の列車には乗ることができましたが、各駅停車仕様という罠です。間に合うのか学校! ここんとこ調子よく早い電車に乗ってたので不安が胸をよぎります。

くそう。何をやってんだわたし!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.23

構想

 主人公(女)は、女友人の夫のお葬式に出かける

  ↓

 友人と夫に関する黒い噂(夫が妻に暴力・夫は心を病んでいた・公園でリンチにあったらしい)+友人からの訴え「夫を殺した奴は誰なの?!」

  ↓

 警察がやってきて、妻が犯人だという。違うと言い張る妻

  ↓

 友人を無実の罪にしたくない主人公。勝手な捜査を開始。

  ↓

 殺された夫の気持ちになって捜査。

  ↓

 いろいろな証拠がみつかり犯人みーっけ。

* * * * * * * *

 主人公、潤のお父さんが刑事だったらいろいろ便利かもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

頭の中に三人の探偵

 三人の探偵さんが頭の中に生まれました(課題のために)。折角なので紹介しておきたいと思います。←自分の中でキャラクターの理解度がどの程度なのか知りたい。

 吾妻 侘助(あづま わびすけ) ♂

 本家サイトの名前にもなっている人。江戸町奉行所の同心(下級役人)。江戸っ子なのにへタレで臆病ながら、正義感は人一倍強い。権力を振り回すことはいけないと考えている。おとなしそうに見えて、プレゼンテーション能力に優れた一面があり、舌が回り始めると必ず事件が解決する。彼が登場する作品が好評を得た。

 當 夕人(あたり ゆうと)

 よくハズレ君と呼ばれてからかわれている、低級雑誌の記者。就職先が見つからず、今の仕事に就いたものの、疑問を感じている。辞めようかと悩んでいるが、仕事の関係で溜め込んだ「普段の生活に要らない知識」が事件のときに役に立つ。彼が関わる事件はオカルトやエログロが多い。

 及川 潤(おいかわ じゅん)

 現在、考えているサスペンスの主人公。名前から男と思われがちだが実はスレンダーな美人である。平成のジューン・マープルとは本人の談。高飛車な上にじゃじゃ馬で、いらんことにすぐ首を突っ込む。

* * * * * * 

 ……バレンタイン。といふ言葉を使おうとすると、どうしても當と侘助は使えない。當は昭和の人間なので、バレンタインがないこともないのですが……時代背景を考えると、流行りだした頃と少しずれがある模様。

 なので及川潤ちゃんが出来ました。気丈な女の子は最近書いてなかったので楽しみです。一人称で女の子を書くと死ねるので(女の子難しいよー)三人称にしようと。気が向いたらサイトにアップしたい。でも難しいかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.22

推理物ばかり

 次の小説制作の授業作品も、サスペンスなので推理物を読み漁っています。

 さっそく嵌ったのが有栖川有栖先生。一時はブームが凄かったようですね。801なファンも多いということです。その当時はファンタジーとかに興味があった口なので全く知りませんでした。おもしろいです。大阪出身の作家さんということもあってか、地名が具体的に登場してニヤリとしました。火村先生との掛け合いがいいですね。

 次に江戸川乱歩大先生。エログロなのかな……と思いきや短編集を見た限り、そんなに気持ち悪い描写はありませんでした。どうやら映像作品など独自のアレンジを加えているものに関して、きつい描写が多いようです。あと、名探偵・明智小五郎はいったい何を仕事にしている人ですか。気になって夜も眠れません。

 続いて横溝静史先生。驚いたことに上の二つよりも時間が掛かった。文章の流れがふあっとした感じで、上の二つとは違う気がする。とりあえず、金田一耕介がカッコいい。へたれなのに。

 そして、京極夏彦先生。どっちかといえば、叙述トリックを交えた妖怪ミステリー? 取りあえず長かった。京極堂シリーズは「鉄鼠の檻」まで読破。鉄鼠は七、八時間くらい掛かったと思う。 うちの学校でこれっぽい作品を書くと、叩かれる。現実感に乏しいネタは許してくれないの。。。目に見えるものが全てなのね、きっと。

 とりあえず次に読もうと考えているのが

・法月倫太郎シリーズ(法月倫太郎)

・御手洗潔シリーズ(島田荘司)

 あたりです。地元の本屋Ⅰで検索したところ置いてすらいなかったので、別の本屋へ探しに出かけます。ていうか、バレンタインをどう消化すればいいのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008.01.21

登場人物たちに捧ぐ

>ふえーっ。
学校内の小説賞に出す作品が一応終わりました。たぶん予選落ちだろうけどなあ。だって長いし。

 ↑以前日記に、このようなことを書きました。

 このとき書いた小説が、学校内の作品選抜の一時審査に通りました。友人からもたらされたお知らせです。エイプリルフールでもないのに何を言っているのか、と思いました。むしろこれは間違いで……と言われるのではないかと不安になりました。

 しかし、夢ではないようです。間違いでもありませんでした。

 町方与力の大野さん、ゆづるさん、町医者弘庵、そして侘助……ありがとう。

 君たちのお陰で一年間の集大成の舞台に立つことができる。実を言うと正直怖いし、しんどい。でも、作者として責任は果たさなきゃいかんよね?

 出来ることだけやってみようと思う。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.20

喧嘩、売ってる?

 久しぶりにレンタルビデオ店へ行ってきました。

 観たいものがない!!

 借りられてしまったのではありません。置いていないのです。そこそこの規模があるというのに、何故見つからないのか。しかたないので何も借りずに帰ることに。

 けれど、せっかくの休みを持て余すわけにもいきません。新たにサスペンスもしくはミステリーを買おうと思い、本屋へ。

……

……

 欲しい本がない!!

 きっと嫌われてるか、喧嘩を売られているんだ! そうに違いないYO!

 ふて寝する……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歳なのだろうか

 言いたいことが思い出せない。何か言おうとして言葉に詰まる。

 高校時代を過ぎてからこんなことが多くなりました。パソコンの使い過ぎか、ゲーム脳というやつか。あるいはこれが老いと言うのでしょうか? 恐ろしい。

 ただでさえ他人より秀でたもののない頭が、人並み以下になるかもしれないのです。恐怖以外に何がありましょうか。そのうち漢字はおろか、平仮名も書けなくなってしまったら……?

 人間は完全な生き物ではありません。いつどうなるか誰にも解らない。それが恐ろしいと感じるわけです。今のわたしは完全に怯えている。

 いっそ、突然何もかもわからなくなってしまえばいいのに。

 矛盾する感覚。

 最近、物忘れが激しい。歳か、電子機器脳というやつか。

 それでもわたしは、パソコンを触っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.19

サスペンス二連続

 ま、また課題がサスペンス……。キーワードがバレンタインデーと公園。形式が三人称です。

 死ぬしかない。わたしのせいなんですよ。下手の横好きでサスペンスまがいのものを書いてしまったために……! やっと眠れると思ったのに。。。

 まあ、なってしまったのは仕方がないので、がんばるよ。……けれど、どうしたらいいですか。何をすれば許してもらえますか。そもそもわたしはここにいていいんですか。

 駄目な人間でごめんなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.18

ゴゥァ(@ロ@)

 ミ、ミ、ミステリぃ。いろいろミステリぃ!

 あとは探偵の謎解き部分です。台詞の多さが酷い。もう少し減らしつつ、理由付けを!! 推理モノの難しさはやはり、筋を通すこと。あとは主人公の葛藤を描けたらいいなぁ。でも汚い仕事はしてほしいなぁ。

理想が相混じっている次第です。はい。

今夜は何時に眠れるかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

設定はなんとか

 うん。それっぽいものはできた。あとは流れを考えるだけだ。

 館主人の余興

 ↓

 館の中を散策

 ↓

 殺人が起こる

 ↓

 外部の人間の犯行では?

 ↓

 いや、違う気がする

 ↓

 主人の余興と、殺人事件が繋がる

 ↓

 犯人を暴露。

 ……こんなものだろうか。なんのこっちゃという感じだけど、なんとか10枚以内に収めよう。がんばって。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008.01.17

業務連絡

★お知らせとお詫び★
回り道が、侘助の華という名前に変わりました。★矢コンテンツを一緒にしたくらいであんまり変わっていません。
ただ、日記と掲示板のリンクが逆になっております。今日中に直しますm(__)m
ご迷惑おかけして申し訳ありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.16

学校で夜更かし

 申請さえすれば学校に泊まり込めるわけです。

 初めて一人でお泊まりしました。もちろん他の学科の方や先輩方はいらっしゃるのですが、気安くお喋りできるものですか。半ば鬱々としながら課題を制作していました。大まかな部分はだいたい出来ました。客観的に見てくださる人がいなかったので、ボツになるやもしれませんが。

 そしてどうやら風邪を引いてしまった模様です。いつもの鼻風邪だから、どーにでもなると思います。けど鼻水ってうっとおしいですよね。

 早く家に帰りたいです。先生にお渡しするものがあるので先生がいらっしゃらないと帰れません。

 のしゃー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.14

悪魔・鳥・走る

悪魔・鳥・走る

悪魔・鳥・走る

悪魔・鳥・走る

悪魔・鳥・走る

悪魔・鳥・走る

悪魔・鳥・走る

 これはもう、ファンタジーかサスペンスかミステリーしかないだろう。できれば幻想小説には遠慮願いたい。あんまり好きじゃないしな。

 暫く暖めていたキャラクターに頑張ってもらおうか。いや、頑張ってもらうしかない。しかし枚数は大丈夫なのか。纏められるのか、わたしに。

 もし、文体が過去のわたしに戻っていたら……不安だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

巷説百物語

 オタクな話ってほどでもないのでしょうが。私が語るとオタク臭くなるだろうと思いました。

 巷説百物語
 彼の京極夏彦氏の作品です。さまざまな地域に怪談を求めて渡り歩く考物(かんがえもの)、「山岡百介」の視点で(?)語られる不思議な物語。
 短編集で物語の中では「小股潜りの又市」という小悪党が暗躍し、表社会では解決できないことを妖怪になぞらえて解決します。登場人物が動き回り、気になる解らないポイントは総て伏線。読み終わったときにすっきりとします。
 血生臭く重い場面もありますが、テンポがよいのでさほど苦にはならないでしょう。京極夏彦初心者にはちょうど良いかと思います。時代物が好きな人にもオススメですね。

 アニメ化および実写化されているようです。

 又市さんがわたしの琴線に触れました。憎そ可愛い感じです↑ こんなん読んだ後に小説の考えるとか凹むよ。だってキャラクターはいいし伏線しっかりしてるし……。おまけに先週の合評で凹みすぎだし(T_T)

 とにかく読めばいいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.13

携帯変えました

 ワンセグ携帯に乗り換えました。

 機種はP905iです。ドコモなのですが、今までNECさんに依存していたので微妙使いにくいです。サイズが今までより大きいからかもしれません。腕疲れます。

 他にも細かいところでに差があって奇妙な違和感が……。そのうち慣れてくるでしょうけれど。

 何より今回驚いたのは、予測候補の多さ! 一文字に対して出るわ出るわ。こんなに出ても困るよって感じです。予測機能が良すぎるのも問題あると思いました。頭悪くなりそうだもの。

 まぁ少しずつ慣らしていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.08

修羅場る

 ふえーっ。

 学校内の小説賞に出す作品が一応終わりました。

 たぶん予選落ちだろうけどなあ。だって長いし。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »