« 携帯変えました | トップページ | 悪魔・鳥・走る »

2008.01.14

巷説百物語

 オタクな話ってほどでもないのでしょうが。私が語るとオタク臭くなるだろうと思いました。

 巷説百物語
 彼の京極夏彦氏の作品です。さまざまな地域に怪談を求めて渡り歩く考物(かんがえもの)、「山岡百介」の視点で(?)語られる不思議な物語。
 短編集で物語の中では「小股潜りの又市」という小悪党が暗躍し、表社会では解決できないことを妖怪になぞらえて解決します。登場人物が動き回り、気になる解らないポイントは総て伏線。読み終わったときにすっきりとします。
 血生臭く重い場面もありますが、テンポがよいのでさほど苦にはならないでしょう。京極夏彦初心者にはちょうど良いかと思います。時代物が好きな人にもオススメですね。

 アニメ化および実写化されているようです。

 又市さんがわたしの琴線に触れました。憎そ可愛い感じです↑ こんなん読んだ後に小説の考えるとか凹むよ。だってキャラクターはいいし伏線しっかりしてるし……。おまけに先週の合評で凹みすぎだし(T_T)

 とにかく読めばいいと思います。

|

« 携帯変えました | トップページ | 悪魔・鳥・走る »

胡乱ごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120755/17691343

この記事へのトラックバック一覧です: 巷説百物語:

« 携帯変えました | トップページ | 悪魔・鳥・走る »