« ようやく | トップページ | 課題全部提出 »

2008.02.22

時を翔るクジラ

 黄色い大地から、大きなクジラが現れた。クジラは羽根もないのに空を泳ぐとこちらにやってくる。

 なんともつかない声を上げ、潮吹き穴から光が吹き上がった。巨大なクジラは僕の学校の校庭にやって来た。クジラの体内はところどころ透けて見える。子供の頃に遊んだトランポリンドォムの中のようだ。ああ、あの中に入ってみたい。

 僕はクジラの口から体の中に潜入した。暑くも寒くもない。時間の感覚さえも虚ろになったころ、クジラは学校から飛び出した。


……

……

……

 ぶっ壊れたとおもわれそうだが、ほんとにこんな夢を見た。あのクジラはどこへ行くのだろう。


|

« ようやく | トップページ | 課題全部提出 »

胡乱ごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120755/40220243

この記事へのトラックバック一覧です: 時を翔るクジラ:

« ようやく | トップページ | 課題全部提出 »