« 助手視点のミステリ | トップページ | やりたいけど…… »

2008.02.27

九十九十九

 舞城王太郎先生の『九十九十九(ツクモジュウク)』を買いました。

 学校の専攻メイツが舞城作品を読んでいたので、一度挑戦してみることにしたわけです。なんかスゴい作家先生だとはお聞きしていましたが、本当にスゴいですね。文中での比喩が暗示なのか意味の無い言葉なのか、それすらも謎のように感じてしまいます。

 ナチュラルにえろがあって、納得できるラストは期待してはいけない……とは専攻メイツの言葉です。下手したら病むよ? とも言われました。

 今回購入した『九十九十九』は目を合わせるだけで失神してしまうほど美しい探偵神・ツクモジュウクが謎を解決する物語です。舞城先生のツクモは見立ての解説が素晴らしいと思いました。

 そもそも、九十九十九は清涼院流水先生の作品に登場するキャラクター。しかしながら本家の方は未読という……だって地元の本屋三軒とも清涼院流水先生売ってないんだZE! つうか私が読みたいものはいつだって少ないんだ!

 まあともかく、九十九十九。彼はよく解らない男なのに、なんとなくよく解ります。あのノリは個人的に好みでした。今のわたしの心情に染み渡るようです。

|

« 助手視点のミステリ | トップページ | やりたいけど…… »

胡乱ごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120755/40291484

この記事へのトラックバック一覧です: 九十九十九:

« 助手視点のミステリ | トップページ | やりたいけど…… »