« 世間的には08' | トップページ | サスペンダー »

2008.03.15

山伏装束

Photo_6 ★山伏とは★

 (1)野山で修行に励む僧や (2)修験道の修行者を指す言葉です。もっぱら(1)は広い範囲での仏教の修行者のことで (2)の修験者とは微妙に意味が違います。

 修験道は、山など自然そのものを敬う山岳信仰に日本古来からの神道、仏教、そして陰陽道などが結びついたものといわれています。なので、数珠を使ったかと思えば祝詞をあげたりすることもあるようです。

 日本古典芸能における山伏は、能ではすばらしい霊力を持って、問題を解決します。狂言においては何の力もないくせに、意地と見栄を張りまくって失敗する愛すべきお馬鹿さんになっています。

★お芝居の山伏さんの格好★

 (※胸に山伏なんて書いていません)後ろには法螺貝を盛っていますまた画像の山伏さんは大口と呼ばれる袴をつけていますが、お芝居で使われる装束なので、本当に山歩きをする山伏さんは脚半(きゃはん)を付けます。ちなみにお芝居でも数珠は本当に煩悩の数ついているのですよ。

 さて、煩悩の数はいくつでしょうか。

|

« 世間的には08' | トップページ | サスペンダー »

雑学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120755/40511643

この記事へのトラックバック一覧です: 山伏装束:

« 世間的には08' | トップページ | サスペンダー »