« 逆転裁判2 | トップページ | 合同企業説明会'08 秋 »

2008.10.17

逆転裁判3

 逆転裁判3がない、地元のゲーム屋に置いてない! と訴えると友人が買ってきてくれました。

 600円で。

 んで、クリアしました。母には「そんなにダッシュで終わらせたら面白ないやん」とお小言をくらったものです。しょうがないじゃないか。

 続きが気になるのだから! 

 今回は主人公のなるほどくん(成歩堂龍一弁護士)と、その師匠だった女性弁護士、綾里千尋さんのエピソードが絡み合う構成になっています。一話は過去。新人だった千尋の一人称で語られ、まだ大学生だった成歩堂龍一が事件の被告であり、依頼人です。シリーズを通して第一話が初めてプレイする人向けの設定になっているのが上手いですね。これなら、前作をやっていなくても操作に慣れることができます。

 しかし、大学生なるほどくんのウザさにはびっくりしました。人を疑うことを知らない純粋さはある種の狂気です。子供っぽさもまた。それがどれだけ成長したのか作中で比べるのも一興でした。

 また、逆転裁判というゲームですから弁護士と相対する検事が必要です。今回も濃い検事さんが登場します。国籍不明、正体不明、意味不明なマスクの男、ゴドー検事。無類のコーヒー好きでコーヒーマグと静かな敵意を胸に成歩堂に迫ります。

 前作までに登場した検事、御剣怜侍と狩魔冥も登場。二人がどう物語に関わってくるかも見所ですね。

 あとは4と次回作の逆転検事だけです……。でぃーえすは就職するまで買えないよ……たぶん。

|

« 逆転裁判2 | トップページ | 合同企業説明会'08 秋 »

胡乱ごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120755/42813832

この記事へのトラックバック一覧です: 逆転裁判3:

« 逆転裁判2 | トップページ | 合同企業説明会'08 秋 »