« お金をもらうのが怖い | トップページ | 成績表はいつもミスだらけ »

2009.03.27

留守番電話はこう使うのだ

 事務所に、さねよしがおりました。ぽつんと独りでおりました。

 昼の14時くらいから17時ちかくまで、お留守番していたのです。人の少ない会社ですから致し方ありません。

 むしろ、小競り合いになることがないのでとても楽です。ゆったりと居座っておったのですが、こんなときに限って来客が多いという罠。

 エホバの証人さんがいらっしゃったときはびっくり。熱心に活動していらっしゃいますね(^^) 今日は寒いので大変でしょうに。

 エホバの証人さんが帰られたあとは、営業の電話がなるし、間違い電話も来るし……。

 暇をもてあますよりはいいのかもしれません。しかし。

 (´×`=)トイレに行きづらい……。

 しかたなく、トイレのためだけにせっせと留守番電話をセットする二十歳の腐女子。留守番電話に切り替わっているときに電話をされた方はある意味貴重です。ラッキーです。

 留守番電話はたった独りのときにも力を発揮する強い味方です。たまには頼ってもいいのかもしれません。ただし、あまりに留守電ばかりやってると先方にたいして悪印象になることも。気を付けましょう。

|

« お金をもらうのが怖い | トップページ | 成績表はいつもミスだらけ »

授業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120755/44483881

この記事へのトラックバック一覧です: 留守番電話はこう使うのだ:

« お金をもらうのが怖い | トップページ | 成績表はいつもミスだらけ »