« うちの車は変形しないのか | トップページ | いやだ »

2009.04.26

病院という迷路

 先日、母の兄、つまりわたしの伯父が吐血しまして。胃潰瘍の疑いで入院しております。彼には小さな頃からお小遣いをいただいたり、遊んでもらったりしたので大変、肝を潰しました。一命をとりとめて、本当によかったです。

 二回ほど吐いた、と聞いていたので心配でなりませんでした(--;)

 当人は、午前中に一度吐血し、治まったら家事にいそしんでいたとのこと。なかなか強者です。もう平気だろうと行き付けの喫茶店を訪ねて、再び吐血。救急車で搬送されました。

 最近、搬送先が決まらずに亡くなる方も多くいらっしゃいます。すぐに、見つかって本当によかった。

 今日はお見舞いのため、尼崎のほうにある入院先をたずねました。病院は嫌いです。元気でも、自分まで不具合に見回れる気がしてしまうのでした。

 伯父の搬送先はまるで迷路のよう。ベランダに出るように見せかけて、部屋を増築してあったり、初めての人は戸惑うでしょうね。

 あの場所に長居しないためにも、早く元気になってほしいものです(´×`=)

|

« うちの車は変形しないのか | トップページ | いやだ »

胡乱ごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120755/44800048

この記事へのトラックバック一覧です: 病院という迷路:

« うちの車は変形しないのか | トップページ | いやだ »