« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009.05.26

就活の近況をせねばならぬのに

Cocolog_oekaki_2009_05_26_19_43

 エントリーしかしていません。

 しかも、わりと視野が狭い自分のせいでエントリー数もすくない。やりたい仕事にありつけなさそうだったので、行きたいと考えていた中途採用の企業さまに電話にてアプローチをかけてみたわけです。

『すぐに働ける方を募集しているので……』

 たいていの先方さんにはそのようにお断りされました。そりゃ、そうよね; ここで、ごり押しすべきだったのかもしれない! とは思えども。七月締め切りの企業課題があるため「すぐに働けます!」発言はあまりにも責任感がなさすぎます。

 本格的に不安に駆られるようになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.21

21歳になったのでした

「裁判員制度施行の日と誕生日が同じなのよ」

 と自慢にもならない小話ができるようになりました。今年で21歳を迎えたさねよしです。

 しかし、こんな日に学校閉鎖で自宅待機とはむなしさを感じずにはいられません。しかたない、と言えばそれまででしょうが。

 いや、実のところ今日は、自宅謹慎もしていられないわけです。うちの学校では産学協同教育を前面に押し出しており「企業課題」が実施されることがあります。わたしどものコースでは、まれに見る大きなプロジェクトを任されることになりました。

 企業からの課題ですから、締め切りは絶対

 自宅待機している間にも締め切りは近づいてきます。プロのお仕事と一緒。そのため、課題を済ませるための取材を行わねばなりません。先方に時間を割いていただき、アポイントメントを取っているので「休校になって行けません」ということもできないわけです。

 学校としても苦しいようで、今後の対応を議論なさっています。府からの命令で休校が決まったのもあまりに突然でしたし。

 今回のことは、誰かを責めてどうにかなるものでもありません。

 21歳の小娘にできることは、マスクをつけて人の迷惑にならないようにするだけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.19

常に事件発生であります

 ここ一週間ほど、いろんなことがありました。

 11日(月) 大黒柱が吐血して入院

 12日(火) 二週間連続で小説の授業をサボる

 13日(水) 母の兄が手術

 14日(木) 登校中、気分が悪くなり、OCA生活初の遅刻

 16日(土) 大黒柱無事に退院

 17日(日) 修理に出していた車を迎えに行く

 18日(月) 大阪府からの命令で学校が閉鎖

 大黒柱の吐血は、薬の飲みあわせが悪く、胃を荒らしたことが原因でした。潰瘍とか悪性腫瘍とか言われたらどうしようかと不安な夜を過ごしたものです。動悸がずっと治まらず、寝ている間に死ぬんじゃないかと思って、一人で眠れませんでした。

 一人暮らしも、東京に出ることもできそうにない(苦笑)

 また、食欲が一気に失せ、一ヶ月前とは比べ物にならないほど、食べなくなりました。すぐにお腹がいっぱいになります。いいのか悪いのか。

 明日も学校閉鎖でお休みです。自分がこれから進むべき道について鬱々と悩んでいこうと思いました。もう、皆勤も取れなくなっちゃったし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.11

不眠症と連呼するの

 体に月の使者が降り立ったために、躁鬱状態が交互にやってきます。どちらの場合も人間破綻しているので、はた迷惑な発言をするのでありました。

躁「君の言っていることはどうかしてる。だいたい日本語としての文法を成していない(人のお喋りの揚げ足をとる)」

鬱「自分は絶対みんなから馬鹿にされている。首をくくって死ぬしかない(そんな勇気などないのに;)」

 休日の場合は音楽を聴きひたすら、波が去るのを待ちます。

 YMOといふちょっと昔のグループの楽曲が、最近の精神安定剤です。シンセサイザーや音声Mixを用いたテクノポップ……といえば明るめの曲を想像します。しかし、YMOにはすべからくキモイ感じの曲もあり、さねよしの脳髄にどつぼなのでした。

『INSOMNIA』という楽曲が好きです。不眠症というタイトルで、曲の中盤から「INSOMNIA」を連呼するのであります。小さな頃から父親に聞かされていたのですが、やはりよいです。何度もリピートします。

 本当にこっちが不眠症になりそうですが、高ぶり緊張状態にある心を沈めてくれるのでした。

 完全に堕ちる前に『RYDEEN』で回復。それの繰り返しです。

 しかし、うだうだ言ってるけど、対応策が打ち出せるようになっただけマシかもしれない。昔はもっと酷かったよね……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.10

冷房に敗退

 日中の気温も上がり、穏やかな今日このごろ。

 電車の中は冷房がガンガン利いている次第です。

寒いよ(;´д`)プルプル

 人工的空調が天敵であるわたしには地獄であります。おかしなことに、上半身が凍えます。それでも、ある程度は季節に準じた服装をしなくてはなりません。厚着していると、周りの人に視覚的迷惑を被るからです。

[見てるだけで暑いんだよ、脱げよ}(=´v`;)annoy

 なので最近は、下に何枚も重ねて寒さをしのぐのでありました。それでも辛いと連呼するので、両親には「老人みたい」と言われます。病院に行くべきでしょうか。

 その前に、漢方薬でも試してみるべきでしょうか。

 電車の中でくしゃみをしながら真剣に考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.05

罪悪感が責めてくる

 乾燥が激しい六畳間に籠城しています。めぼしい電子機器は携帯電話のみ。

 テレビ、プレイステーション2、ノートパソコンは親によって部屋から撤去。見張り(父)がいる部屋に移されました。母いわく、

[アンタの風邪は肩凝りと神経質から来るのよ!}(`Λ´)annoy

 だそうで。それらの要因をことごとく排除してしまおうというわけです。携帯電話だけは撤去を免れました。学校から連絡が入ったりするためです。

 しかし、小さな通信端末mobilephoneは私の胃を悪くしてくれるのでした。寝ているときに

「週明けからのスケジュール管理をきちんと行い、課題を遂行しなさいね★」

 的なメールが来たら気分的に落ちていきます。なにもしてなくてごめんなさい、寝ていてごめんなさい、風邪をひくなんて私が愚かでした(;´д`)

 罪悪感にさいなまれ、あちこちがグルグルするので、もうしばらく籠城は続きそうです。明日には元気になると思います!

 日記に書いておけばきっと嫌がおうでも元気になるさ★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.03

私のせいで(;´д`)

 友達が国立文楽劇場で踊ることになりまして。せっかくの晴れ姿ということで、家族で観に行くことになりました。しかしわたしの手違いで、見逃してしまい……

(;´д`)ごめんなさい……

 正確には私だけ観ることができたのですが。。。親からは大ブーイングです。これは謝って済むことでもなく。剣呑な雰囲気になってしまいました。

 追い討ちをかけるように母が履いていた靴がぶっ壊れてしまったのです。靴屋では「治せない」と言われてしまうし。新しくサンダルを買うことになりました。

 度重なるハプニングに父がキレ、帰ることに。一体何しに来たのだろう。あげくの果てに、自動改札機で定期券が拒否される始末。五回ももどってきた。

 咳が止まらないように、嫌なことも止まらなかったらどうしよう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009.05.02

インフルエンザだとー?

 夕方、体調がマシになったと体温測定したら、38.5度ありました。悪化してるじゃんΣ(´×`=)

 すごく元気だったので、病院行く必要ねーわと思っていたら母に叱られました。

[余計悪くなるかもしれないデショ!}(`Λ´)annoy

 頃平熱が低めのわたしは、小さな頃に38度台になるとグッタリしたものです。救急搬送も経験ずみなので心配した模様。病院まで付き添ってくれました(苦笑)

 通院時に仕事帰りの父とも鉢合わせ、大人数に。ありゃりゃ。御大層なことになりました。

 しかも今は新型インフルエンザが警戒されています。熱がかなり高いので、検査をしてくださいと言われました。かなりものものしい感じです。

 しかし、診察してみれば原因は急性の扁桃炎。インフルエンザは全てにおいて陰性です。まぁインフルエンザだったらもっと体が辛い。節々痛むし、食欲だって低下します。味もしなくなる。。。

 普通の風邪なので、処方された薬を飲んだら3時間ほどで回復。ただ、汗びっしょりに。身体は拭きましたが、頭が油っぽくてなりません(;´д`)

[お風呂入んなきゃぼく、死んじゃうよ}(´×`=)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.01

休みのときに熱が出る

 我ながらよく出来た体だと思います。

 明け方くらいから発熱。金曜日は選択授業を取れる曜日なのですが、たまたま履修を自粛しておりました。おかげさまで、皆勤が保たれております。ありがたいことよ。

 ただ、母には気苦労をかけてしまったな、と思います。今、母が身も心もたいへん不安定な状態でして。昨日、彼女にも、わたしと同じように一度に喜怒哀楽が襲ってまいりました。むしろ母のほうがビックリしたでしょう。

 こんなときこそわたしが頑張って不安を取り除かなくてはなりません。。。

 早く就職することがベストでしょうか。そうですね。有効求人倍率が0.55%の大阪で。有効求人倍率とは、働きたい人に対して、企業が募集している人の数を%で表したものです。

 両親ともども、口には出しませんが今の情勢を懸念しています。今まで貧乏だけど、お嬢さんで育ったわたしが社会に出て行けるのかも不安な様子。確かにメンタル面は弱いからな(爆)

 この熱も、弱いわたしの象徴なのだろうと思います。こいつを退治したら変われる、そう信じたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »