2009.06.12

企業さんから返事コナーズ

「この前、応募したところ返事来そうにないね」

朝から母に言われました。そういえば企業様、今日あたり「合格者」にお返事を送る、言っておりました。

確かに来る気配しないなぁ……来たら万々歳ですが。

実際、わたしよりも遥かに就職活動に力を入れているクラスメイトですら、エントリーシートか書類専攻の段階で玉砕しています。文章能力的には普通の大学生に負けないし、専門的な勉強をしているので理解も早い。クラスメイトさんは課題もきちんとこなしている子達なのになぁ……。

なんでかなぁ、と考えたとき有効求人倍率も影響しているのかな? と思いました。まだ、就職と縁が遠い人には聞き慣れない言葉かと思います。

簡単に言うと

「シゴト探しをしている人、1人に対して何件求人があるか?」

を割り出した数値のこと。つまり正数の「1」以上あれば経済は活性化しているということ。しかし今の日本の平均値は0.46% ただし、これには派遣や契約なども含まれています。正社員だけに絞ってみると……

0.27%

大袈裟なようですが、10人中、約7人が就職できない計算に(;´д`)キャー

1つの会社に殺到する人数は必然的に多くなります。ピンキリのキリに相当する実力者がウヨウヨ集まるわけで; 「ちょっと人より秀でてる」だけでは足りない模様。

それでも狭き門をまだ狙ってるわたしです(笑)

なんかねー今までもそうだったけど、ふとしたときに行くあてが見つかりそうな気がするんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (7)

2009.06.11

就職活動が息抜き

 こんなことを言っては、まじめに就職活動なさっている方に失礼かもしれません。ですが、わたしにとってはかなり大切なこと。

 小説を書いたり、授業を受けたり……それは自分の好きなことですが、同時に辛いことでもあります。人生は全て勉強ですから、しんどいのは仕方ない。でも、息抜きになることは必要だね、ってことで。

 人生の選択である就職活動を、ちょっとした楽しみとしてとらえたらいいんじゃないかなと。

 そんな感じでぽちぽちエントリー数を増やして、ぽちぽち頑張ってます。

 明日がちょっとどきどきです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.26

就活の近況をせねばならぬのに

Cocolog_oekaki_2009_05_26_19_43

 エントリーしかしていません。

 しかも、わりと視野が狭い自分のせいでエントリー数もすくない。やりたい仕事にありつけなさそうだったので、行きたいと考えていた中途採用の企業さまに電話にてアプローチをかけてみたわけです。

『すぐに働ける方を募集しているので……』

 たいていの先方さんにはそのようにお断りされました。そりゃ、そうよね; ここで、ごり押しすべきだったのかもしれない! とは思えども。七月締め切りの企業課題があるため「すぐに働けます!」発言はあまりにも責任感がなさすぎます。

 本格的に不安に駆られるようになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.21

21歳になったのでした

「裁判員制度施行の日と誕生日が同じなのよ」

 と自慢にもならない小話ができるようになりました。今年で21歳を迎えたさねよしです。

 しかし、こんな日に学校閉鎖で自宅待機とはむなしさを感じずにはいられません。しかたない、と言えばそれまででしょうが。

 いや、実のところ今日は、自宅謹慎もしていられないわけです。うちの学校では産学協同教育を前面に押し出しており「企業課題」が実施されることがあります。わたしどものコースでは、まれに見る大きなプロジェクトを任されることになりました。

 企業からの課題ですから、締め切りは絶対

 自宅待機している間にも締め切りは近づいてきます。プロのお仕事と一緒。そのため、課題を済ませるための取材を行わねばなりません。先方に時間を割いていただき、アポイントメントを取っているので「休校になって行けません」ということもできないわけです。

 学校としても苦しいようで、今後の対応を議論なさっています。府からの命令で休校が決まったのもあまりに突然でしたし。

 今回のことは、誰かを責めてどうにかなるものでもありません。

 21歳の小娘にできることは、マスクをつけて人の迷惑にならないようにするだけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.01

五桁はいつの時代だったか

 3月31日をもちまして企業研修が終了しました。お世話になった企業様あてにお礼状を出すのは当然の礼儀です。

 お手紙を出すわけですから、必要なものがいくつかありますよね。手紙を書くための用紙、切手、そして封筒。縦書きの茶封筒はよく目にしますが、こういったシュチュエーションの場合に必要になってくるのは白い封筒です。

「それならパパのが引き出しに入っているよ」

 と、父が仰いました。文章が完成した後、ありがたく使わせていただこうと、引き出しを開けると。ありました、白い封筒。

 だが、何かがおかしい。郵便番号を書く四角の数が少なくありませんか? 5桁しかありませんよー。

 い つ の 封 筒 だ こ れ 。

 そう、私めが小学生に上がるか否かというころから郵便番号は7桁になっているのです。

「じゃあ、無理やり書いたら良いじゃん! あっはっは!」

 とはいきません。受け取った企業さまはビックリされるでしょうし、そもそも封筒くらい買えよという話です。

 しかし、お店は閉まる時刻。雨の中コンビニに行くのも面倒くさい(おい) というわけで家捜しして一時間後に7桁の白封筒を発掘したのでした。家にあった白封筒の殆どに「履歴書在中」の印字があったときはもう駄目かと思ったものです。

 のちのちのことを考えて、明日は新しい封筒を買いに行きたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009.03.27

留守番電話はこう使うのだ

 事務所に、さねよしがおりました。ぽつんと独りでおりました。

 昼の14時くらいから17時ちかくまで、お留守番していたのです。人の少ない会社ですから致し方ありません。

 むしろ、小競り合いになることがないのでとても楽です。ゆったりと居座っておったのですが、こんなときに限って来客が多いという罠。

 エホバの証人さんがいらっしゃったときはびっくり。熱心に活動していらっしゃいますね(^^) 今日は寒いので大変でしょうに。

 エホバの証人さんが帰られたあとは、営業の電話がなるし、間違い電話も来るし……。

 暇をもてあますよりはいいのかもしれません。しかし。

 (´×`=)トイレに行きづらい……。

 しかたなく、トイレのためだけにせっせと留守番電話をセットする二十歳の腐女子。留守番電話に切り替わっているときに電話をされた方はある意味貴重です。ラッキーです。

 留守番電話はたった独りのときにも力を発揮する強い味方です。たまには頼ってもいいのかもしれません。ただし、あまりに留守電ばかりやってると先方にたいして悪印象になることも。気を付けましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.26

お金をもらうのが怖い

 会社で研修していると、お金のことが見えてくるわけです。それはもう、はっきりくっきりしっかり。

 ときどき儲けが少ないことで揉めなさるのでした。見返りを求めない研修生がいる前で『お金がない』と嘆くのです。『働いたんだからすぐにお金くれよ』と仰る方もいるようでした。

 会社を運営するためにお金が必要なことは理解できます。この不況で儲けが少ないことも。お金がいくらあっても幸せが掴めない時代です。

 お金は大事なものなのでしょう。

 でも。

 金の亡者になるくらいなら、無償で働くほうがきっと幸せだ。余計なことを考えなくて済むから。

 なんだか、お金をもらうのがとても怖くなってしまって、こんなとんでもないことを母に漏らしました。母は怒りも、笑いもしませんでした。

 お金が怖いとわたしが気づけたからかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.25

明日も明後日も頑張れる

 さねよし、まだまだ頑張れます。一杯元気をもらったのです。

 きょうは同じように業界研修中の友人と食事に行きました。仕事の内容の話になったとき

「さねちゃん、楽しくなさそう」

 と一言。友人は私より少しだけ年上です。ついつい甘えて愚痴を漏らしてしまいました。だんだんわたしが病みがちになってきたので、途中から楽しい話にシフトしてくださるのでした。

 (´Д`)助かります。

 学園祭でどんな服装をするのかなど、どーでもいい話題で盛り上がりました。わたしは金田一耕介のコスプレをすることになりそうです(笑)

 本当に楽しいひとときでした。

 研修は実質あと4日。最後までしっかりとやり遂げられそうです。今までの自分ならきっと、途中で挫折していたでしょう。

 みんなのお陰で頑張れます。本当にありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009.03.16

イラストレーター

Tabakoman

 下の記事の内容、書いたはいいけどもしものことがあるとヤバげなので下げておく。

 イラストレーターでら楽しい。

 こういう絵のトレースを全部マウスでやってるといったら、友人から器用だねといわれた。ええっ、普通じゃないんすか?

 みんなマウスで頑張ってるからこれが普通なのかと……。学校によって違うらしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009.03.04

チラシ使ってくださるの?

 まさか、採用されるなんて……!

 二週間ほど前のことです。ある先生の課題で「整骨院を紹介するチラシ」を作りました。

 実際に存在している整骨院さんで、先生はそこの常連だったようです。30分マッサージをしてくれるなど、かなりいい仕事をしてくださる場所。しかし、その整骨院のチラシが「情報を配置しただけ」になっていました。これはもったいない!

 ということで、わたしたちの専攻でデザインすることになったのです。カラーモノクロどちらでもokでした。わたしはグレースケール(明暗のある白黒)で、制作しました。

 わたしが普段、勉強しているのはページもののデザイン。広告ははじめてだったので配置バランスに困りました; けれど、広告デザインができれば、就職の幅も広がるのでがんばりました。

 以下のことに気をつけて制作。

・年配の方に見やすく
・若い人が見てもオシャレな雰囲気
・付属する地図をわかりやすく

 目標を立てたのがよかったのかもしれません。

 そんな感じの近況報告でした。あ、あと今日から企業研修です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧